2017年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  Top↑

2014.04.14 (Mon)

凱旋門賞かあ

とりあえず今日はいい気分でした(笑)
ハープはカイバもしっかり食べているそうですし、大きな問題は見られないようでホッとしました。
新潟の時も凄い上がりだったので、脚元心配したことを思い出しました。今回も水曜の更新でも何も無いことを願っています。

このあとはオークスを使って距離を見て、結果次第で凱旋門賞に向かうそうです…
オークスをもし勝ったら、祖母が逃した3冠を孫が取りに行くという方が見たいんですけどねえ。
オルフェとかキズナとか見ているとダービーを勝ったほどの牡馬が帰ってきて体調が整わないほどですし、消耗とか考えると本気で反対なのですが、一口馬主には何の権限もないですからね(^_^;)

まずはこのまま順調にオークスに向かってもらって、上がりだけではなくきっちりと2400走れるかどうか測れるようなペースになる事を願っています。

あとは最近2歳馬が慌しくなってきましたが、今日の2頭は明暗が分かれました。

シェーンハイト
ここまで順調に調整が進んでいることから14日にNF天栄へ向けて移動しました。この後は体調を見ながらトレセン入厩に向けて態勢を整えていきます。移動までは週3日900m屋内坂路コースをハロン15~16秒のキャンター1本駆け上がっており、残りの日は軽めの調整メニューをこなしていました。馬体重が減ることも少なくなり、坂路コースの動きを見るとだいぶ余裕が感じられるようになってきました。順調にハロンペースを詰めることができていましたし、一先ず本州移動に向けての態勢は整ったと言えるでしょう。早い時期での出走に向けて進めていければと考えています。

産地馬体検査を受けないのかあと思っていましたが、むしろ1番早い展開となりました。
順調なら東京開催も見えてきそうですし、体も無い馬ですがへこたれずに調整がすすんでほしいです。

グラツィオーソ
馬体重:504kg 
14日に左前脚の骨片除去手術を行い、無事に終了しました。「以前から見られた馬体の硬さ以上に凝り固まってきていたため、ウォーキングマシン運動で様子を見ていました。それでも改善の兆しがありませんでしたのでレントゲンで精密検査を行ったところ、左前脚の骨の骨端が腱を圧迫していることが判明しました。今のタイミングでその箇所のクリーニングを行うことで将来的にもスムーズに進められるだろうと判断したため、急遽ではありますが本日オペを行っています。午後には無事に終了しましたので、まずは一安心です。しばらくは舎飼で様子を見ていく必要はありますが、安定してくれば少しずつ運動メニューを再開させていきたいと思います」(空港担当者)

こっちは移動するはずがないから悪い知らせかなあと思ってみましたが、あまり重たくなくて良かったです。
硬さの原因が分かったのは良かったと思いますし、ルベーゼも同じ症状で9月でしたが間に合いましたからね。

ウォーキングマシン、周回ダートコース、坂路と段階は必要ですが、焦ってもっと大事になってもいけないのでジックリ進めてもらいたいと思います。
スポンサーサイト

テーマ : 一口馬主 ジャンル : ギャンブル

21:24  |  キャロットクラブ  |  コメント(0)  |  Top↑

*Comment

コメントを投稿する

URL
コメント(必須)
パスワード  編集・削除するのに必要
秘密  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。