2017年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  Top↑

2014.04.16 (Wed)

やった!ダートだ!

まずはレース後の状態が気になっていたハープスターですが、

「先週の桜花賞はありがとうございました。スムーズならと思っていましたが、きっちり期待に応えてくれましたね。あれだけの走りをしたあとですから、昨日あたりまではさすがにトモに疲れが残っていたようですが、今朝はもう大丈夫です。カイバはまったく落ちずしっかりと食べていますし、体調も問題ありませんね。明日あたりから乗り出す予定です」(松田博師)

いやあ、さすがです(笑)
お疲れではあったようですが、常にカイバ食いが落ちないのも、この馬の良さの1つなんでしょうね。

正式に次はオークスとの事ですし、祖母に続いての2冠を達成してもらえたら最高です。
強敵は少なければ少ないほど良いですし、リヴェールは予定通りダービーに行ってもらってOKです^^

ゴットフリート
「先週は後輩2頭を後ろに従えてゴットフリートに誘導してもらいました。最後は遅れていますがそれは先週もお伝えさせていただいた通りこの馬自身無理をする必要のないタイミングの追い切りだったので最後は単走のように無理せず動かしただけです。今朝からまたピッチをあげて自信も付けさせつつ、なおかつオーバーワークに気を遣いながらコンディションをあげていくようなイメージで追い切りをかけました。今日はダートコースでの追い切りにして前を行く3歳馬を見ながら進み、直線は外へ出して終いを伸ばすような形にしました。時々舌が出ることのある馬ですが今日は出すこともせず最後までしっかりと走れていましたね。目立つものではないですが動きは良かったと思いますよ。この調子で進めていきます」(斎藤師)

競馬は2週後ですが、順調なんでしょうか。
精神的に大人になってもらって、レースでも力を発揮してもらえればオープンでも通用すると思うんですけど。

クリソライト
「今朝は坂路で併せて追い切りました。時計を見ていただいても分かるとおり、調教での走りに関しては何も問題はありませんね。前走などは道中ぶつけられて嫌気が差してしまったようにも見えましたし、あとは気持ちひとつだと思います。今朝の追い切りでもブリンカーは着用していますが、これが集中力を切らさないためいい方に出てほしいですね。あとは、できればパサパサの馬場でやりたいところです」(音無師)

状態は相変わらず良さそうですが、今回はどうなるんですかねえ。
ブリンカーを着用して一変の可能性もあると思うんですけど、ここ2走を見ていると正直不安でしょうがないです。

重賞なのに調教映像も無いくらい(ショック…)注目度は下がっているようですが、力を出し切れば59kgでもという思いもあるので、強いクリソが復活してくれることを願っています。

ハイアーレート
「先週までは坂路で追い切りを重ねてきましたが、わかりづらい。というのも馬場が重いなどで時計がかかる傾向にあるし、見た目は決して動けているように見えなくても実際のところは・・・ということもあるからな。ウチの他の馬でだいたいこのくらいで大丈夫かなと思えて出走させたところ思っていた以上に体が減ってしまっていた馬がいたりしたものだから、別の角度から確認する意味も込めて今回は坂路ではなくコース追いをすることにしました。3頭併せの真ん中に豊を乗せたハイアーレートが入る形にして終いを伸ばすようにしました。見た目はそこまで派手には見えないのですが時計的には悪くない。動きもまずまずだったかな。う~ん、青信号と見ていいだろう。府中にも番組はあるから臨機応変に考えていたけれど、まずは今週行ってみましょう。前走までの内容をもってダートに切り替えてみるわけですが、狙いはもちろん来年のフェブラリーS!。そういうつもりでやっていかないといけないからな(笑)。休み明けの分割り引きはしなければいけないでしょうが、それが実現できるようにするためにも、いいところを見せてほしいですね」(大久保洋師)

年末年始を見ている限りだと絶対芝かと思っていましたが、ついに洋吉先生が折れましたか。
元々ダート馬だと思って出資した馬ですし、ガラリ一変を期待しています!

ただ出資時に掲げた目標はマーチSですけども(笑)

ノヴァーリス
「先週から和生を乗せて試験を受けだしましたが、先週はちょっとダッシュが遅く合格はもらえませんでした。しかし、ほかは問題なく行儀良くこなすことができていたのであとは出ることだけを磨いていけば大丈夫という状況でした。普通ならば出られるように動かしていくことも考えるでしょうが、ノヴァーリスの場合トモを中心に歩様があまりいい馬ではなく堪えやすいところがあります。現に歩様は芳しくない馬なので負担はできるだけかけたくない。そう考えて先週の試験を調教の一本と考え、その後は無理をせずゆったり動かすことに専念してまた今週受けるという形を取りました。実際のところ先週よりもいいスタートを切れていましたし、速いわけではないですが合格レベルに値するということで無事合格することができました。馬も和生もよくやってくれましたね。まずは第一関門を突破しましたが、あとはダメージをしっかり見極めていかなければいけません。ガクッと来てしまうと競馬も怪しくなるので気を付けて見ていき、可能ならば週末か来週から徐々に進めていければと思っています」(勢司師)

何とか最後の1頭もゲート試験に合格してくれました。
ただギリギリの状態であるのも確かなようなので、何とか乗り越えて良くなってもらえればと。

ジャッカスバーク
「今回は芝への挑戦を考えているため競馬のスピードに対応できるように意識してチークピーシズを着用してみました。(北村)宏司を背にして3頭併せの終いを伸ばす追い切りを行ったのですが、まずまずでしたね。見た目はトビが大きいこともあってか速く見えないのですが時計的には十分かなと思える動きでしたよ。宏司は“チークピーシズいるかな・・・”というくらい気持ちを前に出して走れていたということでしたし、最終的な着用に関しては当日の感触で決めたいと思っています。ただ、競馬では力を出し切れていない印象が続いているので着用は前向きには考えたいと思うんですよね。近親に先月のドバイワールドカップ優勝馬がいるようにジャッカスもワールドクラスの馬になってくれるよう頑張ってほしいと思っています」(古賀慎師)

急にどうしたんでしょうか、突然ワールドクラスとか言われても違和感が(笑)
それだけ期待してもらってると思って良いんでしょうか。

芝の適性自体はあると思うので、あとはコースと相手関係が鍵でしょうか。
簡単ではないと思いますが、今後の選択肢を増やす意味でも良い結果を期待します。

レプティスマグナ
「この中間は長めの距離をしっかり乗り込んでいます。20日から始まる大井開催の番組が決まりレプティスの組は23日のレースになりました。休み明けの分馬体はまだちょっと緩いかなという印象ですが、あまり攻めすぎてしまうのも良くないと思いますので、あと一週間きっちり乗り込んでレースに向かっていきたいと思います。登録は1200m、1400m、1500mの3つに行いましたが本線は1400mか1500mのどちらかと考えています」(松浦師)

ハープが縁で知り合った方に地方競馬の事を教えてもらって、何で毎回賞金の境目が違うんだろうという疑問が解決しました。
「地方競馬 クラス分け」じゃなくて、「大井競馬 格付」で調べれば分かった問題のようですが(笑)

休み明けで少し追い不足ではあるようですが、あと一歩まで来ているので今度こそ勝ってもらいたいです。
スポンサーサイト

テーマ : 一口馬主 ジャンル : ギャンブル

23:17  |  キャロットクラブ  |  コメント(0)  |  Top↑

*Comment

コメントを投稿する

URL
コメント(必須)
パスワード  編集・削除するのに必要
秘密  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。