2017年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  Top↑

2014.06.26 (Thu)

ゆっくり休んでもらって

ミラクルルージュ
「乗り役さんですが、GⅠの裏でなおかつ函館開催があることからやはり思うようなところもなかなか捕まらない状況でした。そのこともありますし、ちょっと息遣いも気になったので稽古から流れで乗ってもらえるようにと今回は伊藤工真にお願いすることにしました。牧場にも乗りに行ったりと一生懸命だし、競馬もしっかりと乗ってきてくれるでしょうからね。それで今日の追い切りには工真を乗せて単走で動かしたんです。息遣いへの対処法として舌を縛ってみました。昨日は普通キャンターを乗ったのですが、感触が悪くなさそうなので今日の追い切りでも試したところ追い切りの最中は気にならなかったとのことでしたよ。気持ちが緩んだ時にほんの少しだけ気にはなったようなのですが、速いところへ行っている分には大丈夫そうということでしたので競馬もこの形で行ってみたいと思っています。乗り役を乗せていたこともあるのでしょうが動きはシャープでしたし悪くないと思うんですよね。ちょっと硬いところがあるようなので多少湿度の高さなどで堪えているのかもしれませんが、いいリズムで走れれば良いところを見せてくれるはずです」(上原師)

「今日の調教に跨らせていただきました。率直な感想としてはちょっと前さばきが硬めだなと思ったんです。それはトモの頼りなさの影響もあるのかなと思えるものでもありました。特にトモのほうに関してはハローがかかる前のいちばん馬場コンディションがタフなときの追い切りだったこともあるのかなと思えたので、そう感じるのは致し方なかったのかもしれません。先週あたりは息遣いがちょっと気になったということだったのですが、対応されていたこともあってか走っている間はそこまで気にならなかったですね。ゴール板をすぎて向こう正面へ流している時にちょっと粗いかなという気はしましたが、おそらく走りには影響ないかなと追い切りでは感じたので、競馬でもいい走りをしてくれればと思います。今日の動きだけで言うと馬場が悪くなるとノメってしまいそうな印象も受けるので、できるだけいいコンディションで走らせてあげたいですよね。あと、ちょっと乗り難しそうなところもあるようなので、内田さんが乗っていた時のレースを中心にVTRもよく見て勉強してレースに臨めるようにしておきたいと思います。よろしくお願いいたします」(伊藤騎手)

面白そうな騎手を選んできましたね。
人気薄でも何とかしてやろうみたいな気持ちを感じますし、騎乗馬に恵まれればもう少し伸びてきても良い騎手だと思っています。

前回は嫌気が差してというレースだったと思っているので、スムーズに外に出してもらってジワジワ加速していける展開になるのであれば巻き返しを期待できると思います。

ハイアーレート
「先週は追い切りの時点で気になることは気になったもんだから期待半分、不安半分みたいなところはあったけれど、良くない方が出てしまいました。申し訳ありません。それでも格好をつけそうなあたりが力のある証拠なのでしょうが、最後踏ん張り切れなかったところを見ると暑さに影響してか体調が本物ではないということなのでしょう。イライラした素振りも見せ出しましたし、体もいくらか減ってしまいましたから、このまま押していくのは良くないかなと感じました。それなので、ここはお休みにしたいと思います。牧場での回復具合を見ながらになりますが、場合によってはこのまま夏休みにしてもいいと思っています」(大久保洋師)

体も減っていましたし、状態も万全では無かったようなので放牧で良かったと思います。
毎回一生懸命走ってくれる馬ですし、またリフレッシュして戻ってきたら元気に走ってもらいたいです。

パルティール
「先週の競馬へ向かうまでにちょっと時間がかかってしまいましたが、馬体減はそれによるものではなく初戦お釣りがある状態から絞れたものだったので心配はしていませんでした。最低でも権利は獲ってほしかったのでその点は誤算でしたが、それでも2戦目で大差ない走りを見せてくれているわけですから何とか決めなければいけませんね。必要ならばお休みも挟まなければいけないかなと思っていましたが、今のところは変わった様子はなさそうです。ただ、腰回りには疲れやすさがある馬なので引き続き様子を見ていきます。もしやっぱり疲れたかなと思える状態に変わってくるようならば無理せず切り替えますが、このまま行けそうならば手元に置いたまま福島開催を目指すことも頭に入れています」(古賀慎師)

これは正直意外でした。
前回もそうでしたが使っての反動が大きく出てしまう馬だと思っていたので、使いつつ良い方向に変わってくれているのだと思います。

ただ権利も無く、いつ使えるかも分からないので、上手く調子と出走のタイミングが合えば良いのですが…

サフィロス
「先週は勝ち負けになると意識して送り出したレースでした。もちろんいちばんいい結果を臨んでいたわけですが、マサミの馬のほうが勝つ競馬をしていたし、相手を誉めるべきレースだったかもしれませんね。ただ、サフィロスだって力はありますよ。金曜日にゲート練習をしておいたのですが、そのこともあってかレース当日はちょっとテンションが高かったです。返し馬の時からちょっと力みがあったようですし、稽古では見せないような格好を競馬では見せていました。折り合い面は課題のひとつでしょうが、単にかかっているというより口が少し敏感なので、それもあって余計に頭をあげるような格好をしてしまうのでしょう。このまま使っていきたい気持ちもありますが、無理して使っていってテンションのさらなる高揚を招くと今後が大変になるし、入厩から競馬まで頑張ってくれましたので、ここでひと息入れたいと思います。いちおうどちらにでも対応できるようにと天栄へ放牧に出す予定ですので、放牧先での調整の進み具合を見て可能ならば夏のうちに次走を考えたいですね」(手塚師)

勝ち上がりだけを考えるなら続戦でしょうが、今後を考えると無理せず放牧で良かったと思います。
最後甘くなったのは前半力んだ分だとも思えますし、一度レースを経験した事が良い方向に向くよう願っています。
スポンサーサイト

テーマ : 一口馬主 ジャンル : ギャンブル

00:59  |  キャロットクラブ  |  コメント(0)  |  Top↑

*Comment

コメントを投稿する

URL
コメント(必須)
パスワード  編集・削除するのに必要
秘密  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。