2017年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  Top↑

2014.09.03 (Wed)

徐々に力を付けていきましょう

9/3(水)
船橋10R ファビィレイン特別 ダ1700m
ルヴァンカー (今野騎手)
2番人気4着

「前回、勝った時は物見をするなどちょっとまわりを気にするようなところがあったのですが、今日は極端ではないもののずっと右に張るような感じでしたね。馬体がどうこうと言うよりも気持ちの面の影響だと思いますが、まだ経験が浅い上に久しぶりの競馬でもありましたし、そういった部分で気負いがあったのかもしれません。勝ち馬には離されてしまいしたが、直線でバラけてからのフォームは悪くなかったですし、内から馬が来たらそこからもう一度脚を使ってくれています。一番いい結果を狙っていただけに申し訳なく思いますが、またこれからいい方に変わってくれそうですよ」(今野騎手)

「馬体は大きく増えていたように余裕があったのは事実ですが、成長分もあって見た目にも数字ほど緩い感じはなかったと思います。レースでは逃げるだろうと予測していた内の人気馬を見るように進められていましたが、口向きを含めどうも走りが不安定だなと感じていました。レース後にジョッキーと話をするとちょっとモタれがあったとのことですが、歩様などから馬体に違和感はなかったですし、おそらくは気持ちの面の若さが出てしまったのでしょう。また、久しぶりの影響もあったのか勝負どころで勝ち馬との手応えの差はありましたが、正直直線で止まるかもと思ったところから脚を使っていますし、今日の走りでまたいい意味でピリッとしてくれると思います。まずはトレセンに戻して状態を見ながらにはなりますが、次の競馬ではよりいい走りをして結果に結びつけられるようにしたいですね。今日は平日にも関わらず多くの会員の皆さんが競馬場に来ていただいていたようですし、結果を残せず申し訳ありません」(小崎師)

勝てるんじゃないかという思いも持ちつつ、南関だし強い馬もいるのかなあと思っていましたが、想像以上に相手が強くて正直驚きました。
中央の現級でそこそこ来ている馬もいたんですが、その馬が全く歯が立たないレベルだとは思ってませんでした…

そんな中、休み明けで余裕もあったそうなので、まずまずの結果だったと思いますが、最終コーナーと直線で頭を上げるような素振りを見せたのがやや気になりました。
今日のレースで勝てるほど能力が高くはありませんでしたが、使いつつ地力を強化して、前向きさも出てくれば中央500万下でもやれそうな気がする1戦だったと思います。

9月は絶好のスタートとは行きませんでしたが、良いニュースも入ってきました。
ピオネロ
「先週金曜に無事帰厩し、順調に乗り出せています。放牧先でも順調に調整できていましたし、今朝さっそくCWコースでビシッと時計を出しました。1本目ということでさすがにまだ多少重さは感じますが、このひと追いで変わってきてくれるでしょう。馬体の充実度が感じられますし、普通キャンターの動きは休養を挟んでだいぶしっかりとしたものになってきたように中身が伴ってきた印象ですよ。レースについてはトライアルも考えましたが、セントライト記念の週に2000mのハンデ戦というとてもいい条件の番組がありますし、豊ジョッキーもぜひ乗りたいと言ってくれているので、そこを目指そうと考えています」(松永幹師)

豊さんにぜひ乗りたいと言われると、何か嬉しいですね^^
阪神内回りがどうかですが、2戦目では好位から押し上げる競馬も出来ていたので、中身が伴ってきた今ならもう少し楽に前目に付けられればこなせるのかなと。

仕切り直しの1戦となりますし、良い結果を期待します。

アップカレント
「今週は小倉最終週ということで、未勝利戦が混雑するのは分かっていましたし、あるいはチャンスがあるかもしれないと思い500万下特別に登録させていただきました。しかしやはり出走は厳しい状況で、芝の短いところは使えそうにありません。今朝はPコースで追い切りましたが、動きはとても良かったですし、切れる脚を見せてくれそうな気配です。来週以降の想定を見ながらになりますが、ダートの短いところを狙えればと思っています」(飯田雄師)

切れる脚って言われると、うーん?という感じではありますが、状態は良さそうなのは何よりです。
おそらく20日の1200かなと思っていますが、最後は小細工せずにいちかばちか減量騎手で思い切って行かせてもらった方が納得行くような気がしています。

アカネイロ
「少しずつ速めのペースを織り交ぜながらも順調に進めることができていましたし、このタイミングで本州へ移動させることになりました。移動までは輸送とリフレッシュを考えて軽めに乗っていましたが、いい状態で送り出せたと思いますよ」(空港担当者)

いつ帰厩かは分かりませんが、まずは本州に戻ってきたようです。
状況と番組から考えると10/12の京都1600かなと思っていますが、500万下なら通用すると思うので、復帰戦を楽しみにしています。
スポンサーサイト
22:16  |  キャロットクラブ  |  コメント(0)  |  Top↑

*Comment

コメントを投稿する

URL
コメント(必須)
パスワード  編集・削除するのに必要
秘密  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。