2017年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  Top↑

2014.09.20 (Sat)

選んだ過程をメモ

今年のキャロット募集で出資確定した馬達の選んだ理由を書いていこうと思っていましたが、結局の所選んだ理由なんて血統、馬体、動きで想像した期待度と価格、厩舎が合うかどうかで全部なんですよね。
記事にはしませんが、選ばなかった馬達の理由なら価格、血統等々ポンポン出てくるんですけどね(笑)

○○のクロスが云々だとか、□□筋が云々だとか語る知識もなく、血統も何となく、馬体、動きも見て気に入るかどうかだけなので、「選んだ理由」ってほどバシッとしたものが無い馬もいますが、選んでいった過程を残しておきたいと思います。

それでも2年後の今頃、あそこでの判断が間違っていたとか、ここを見るべきだったとかの目安にはなるでしょう。
何となくって部分が多いので、他の方の参考にはならないでしょうけどね(笑)

ラズベリータイムの13(牝)
父:ワークフォース 母父:フジキセキ
ラズベリータイム13
まずは脚元含め丈夫そうだなあと思ったのが第一印象でした。
ワークフォースが未知数ですが、キングマンボ系×フジキセキは実績が多々ありますし、母も準オープンまで行った実績がある馬なので1400万はお得でしょう。
何となく芝かなあと思いましたが、母が芝もダートも走った馬なので、まあそこはどっちでも良いです(笑)

大竹先生は他の馬の扱い方を見ていても好感が持てる感じですし、きっとこの馬の素質を見抜いて楽しませてくれると思います。

アウトオブタイムの13(牡)
父:スペシャルウィーク 母父:Panis
アウトオブタイム13
悲しい最期になってしまったシャイニングタイムの弟になります。
厩舎が合わなかった面もあったと思いますが、何より体質が本当に弱かったのが原因でした。

母のポテンシャルは高いと思っているので、体質だけが気になっていました。
最終的には1年空けた事でこの馬は体質には問題無さそうに見えますし、厩舎が気になるものの自分にとって特別なスペシャルウィークの子という事で縁も感じ行く事にしました。

姉の分まで頑張ってもらいたいです。
芝の中距離を想定。

ディマクコンダの13(牝)
父:キングカメハメハ 母父:バチアー
ディマクコンダ13
祖母がマストビーラヴドという事で、ラインクラフトの近親になります。
そこにバチアー、キンカメと重ねた事でスピードはありそうだなと思ったのが最初の印象でした。

カタログだとちょっとトモが薄いのかなあと思いましたが、動画を見ていたらそうでもないかなと思えたのと、芝の短距離型がうちには少ないので候補に。
最終的には活躍馬多数の牝系出身で将来の母馬優先も考えて行く事にしました。

新規開業で腕が分からないのが気になりはしましたが、最初なんで一生懸命やってもらえるでしょうし、何とか繁殖入りとキャロットに優先的に回してもらえるような成績を残してもらいたいと思います。

マクダヴィアの13(牡)
父:ハービンジャー 母父:ブラッシングジョン
マクダヴィア13
この馬は母が21歳の時の子という事で血統を考えれば牝馬ならまだしも…と思ったんですが、動画で気になって気になって仕方なかったので行く事に。
人気無いのは分かっていましたし様子見すれば良かったんですが、キャロットは一次から行かないとと刷り込まれていたのか何も考えずに行ってしまいました(笑)

最近母高齢でも空胎明けで走る子が結構出たりしていますし、測尺、画像、動画を見ても体質が弱そうには見えなかったので、問題ないでしょうという判断です。
追分ファーム産もキャロットでは過去9頭募集されたようですが、そこそこ走る馬を回してくれているようですし、最終的には自分の勘に従いました。

サンデーが入らないハービンジャー産駒なので切れは足りないかもしれませんが、上がりのかかるコース形態の芝中距離での活躍を期待します。

カメリアローズの13(牡)
父:ダイワメジャー 母父:ホワイトマズル
カメリアローズ13
血統はもちろんとして、画像、動画を見て気に入ったので候補に。

全兄と比べるとゴツゴツした印象を受けたので、もう少し短めにシフトするのかなと思いましたが、この馬はこの馬で普通に良い馬だと思えたので行く事にしました。
路線を考えると小さいかなあとは思ったんですが、まだまだ成長しそうですし体質は強そうに見えたので、あまり気にしなくても良いのかなと。

芝でもダートでも行けそうですが、距離は1400前後かなあと思ってます。

シャンスイの13(牡)
父:ドリームジャーニー 母父:スウェプトオーヴァーボード
シャンスイ13
ルヴァンカーの弟になりますが、どちらかというと父が気になって候補に。
お父さんは直線短いコースでだけ買っていれば良かったんで、馬券では本当にお世話になったんですよね(笑)

ちょっと小さいかなあとは思ったんですが、動画の動きは非常に良く見えましたし、まだこれから成長しそうな馬体なので問題ないかなと。
ノーザンテーストの3×4×5という事で成長力もあると思いますしね。

芝の中距離だと思っていますが、父のように機動力に優れたタイプかなと見ています。

シンプルザベストの13(牡)
父:ヴァーミリアン 母父:サンダーガルチ
シンプルザベスト13
雄大な馬体に脚元が見合わず未勝利引退に終わってしまったベストリッジラインの弟になります。
最初は母高齢で空胎明けでもないので見送ろうと思いましたが、あまりにも画像、動画の動きが良く見えたので迷い無く出資対象になりました。

芝血統の馬が地方募集される事が多いですが、本馬は父、母父ともにダート血統ですし、かなりの活躍を見込んでいます。
ある程度は大きくなりそうですが、兄とは違い脚元も丈夫そうに見えるので、地方競馬で暴れまわってもらいたいです。
スポンサーサイト

テーマ : 一口馬主 ジャンル : ギャンブル

20:11  |  キャロットクラブ  |  コメント(0)  |  Top↑

*Comment

コメントを投稿する

URL
コメント(必須)
パスワード  編集・削除するのに必要
秘密  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。