2017年07月 / 06月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫08月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  Top↑

2015.01.18 (Sun)

惜しい!

1/18(日)
中京1R 3歳未勝利 ダ1200m
ロードワイルド (松田騎手)
6番人気5着

寝坊してパドックが見られず残念でした…
今日は落ち着いているかな、やる気あるかな等々考えつつ登場を待つのが現地観戦の楽しみの一つなんですけどね。

レースの方は初の掲示板!と喜びたい所ですが…パトロールビデオも見てきましたが、逃げようとした馬が急減速してワイルドの内にいた馬が不利を受けたりして恵まれてのものだけにね…
それでもダートスタートでも行き脚が付きましたし、ダートで先行できるのはそれだけでも大きな武器になりますから収穫のある1戦でした。
それに段々と出走しにくくなる状況で権利を得られたのも大きいですし、使いつつどこかでチャンスを掴んでもらいたいです。

京都6R 3歳新馬 芝1600m
レッドリーガル (浜中騎手)
2番人気6着

「落ち着いていましたし、ゲートも上手く出てくれました。直線に向いて仕掛けた時に一瞬グッと反応して良く伸びてはいましたが、そこからの息遣いがあまり良くありませんでした。まだ体に余裕があったので、その分だと思います。少し気性面で繊細なところがあるので、初戦は競馬を理解していない分落ち着いて臨めましたが、一度使った次走でテンションが上がり過ぎないといいですね。追い切りでもレースでも良い雰囲気は感じ取れましたし、体さえ締まってくれば走ってくると思います」(浜中騎手)

新馬戦のペースにしては位置取りが悪くなってしまったのが痛かったです…
それでも能力は感じましたし、ビュッと伸びる脚は無いと思いますが期待通り良い物を持っていそうです。

切れないとは思ってるのですが、今日のレースでは息遣いも悪かったそうで何とも言えないですね。
距離を延ばしての走りを見てみたいと思いつつも、次どこを使うのか、使えるのかが気になります。

京都7R 4歳上500万下 ダ1900m
レッドアライヴ (藤田騎手)
5番人気4着

「夏と比べて馬はだいぶ良くなっているように感じました。休み明けでも息もしっかりできていましたしね。ただ、ゲート裏でまだブヒブヒと鳴いているように、気性面は相変わらず子供なようです。レースでは上手く2番手につけて、その後もスムーズに進められました。直線に向いてすぐに先頭に立ったので最後は甘くなりましたが、交わされてからも良く辛抱していました。近いうちにチャンスは巡ってくると思います」(藤田騎手)

勝負所から押して押してだったのでヤバイかなと思いましたが、逃げ馬を交わして先頭に立つなど見所のあるレースでした。
この条件でも500万下まではという思いでしたが、期待通り通用しそうなのでそれもまた良しとします。

権利も取れましたし、夏までに1つ勝てるように頑張ってもらいたいです。

中山9R 初凪賞 ダ1800m
ハイアーレート (吉田豊騎手)
3番人気16着

「調教の動き自体は前走よりは悪くなかったようですが、う~ん…、道中の行きっぷりからしていい時と比べると正直もうひとつピリッとしないんですよね。前回もそのような面はあったのですが、ペースが速いとか、展開が向かないとかで苦しくなってと言うならまだしも、道中でこれまでに結果を出した時のような唸るタイミングがなかったんです。状態面が絶好調ではなかったにしろ、苦しい競馬を走った影響か最後は馬自身で止めてしまっていました。力を出せればこんなはずはないのですが、申し訳ございません」(吉田豊騎手)

「プラス体重ならば考えものでしたが、変動はなかったので、前回よりさらに重いということはなかったでしょう。レースへ向かう際の雰囲気は悪くなかったですし、あとはいかにいい形で運べるかが鍵になると思っていました。3番枠というのがやや難しいスタートだなとは思ったので乗り役には“うまいこと乗ってこい”と言ってありましたが、実際のところ他が速くていい形では行けませんでした。気分よく運べれば力を発揮できるのでしょうが、勝負どころではすでに手応えが怪しくなっていました。前走時にも心配しましたが、今回も鼻血や心房細動なのではなかろうかと慌てて見ましたが、上がりの様子では異常はなさそうでした。いかに気分よく、いかにフレッシュな気持ちで走れるかだったのでしょうけれど、慎重にやってきましたがうまく行かず申し訳なく思います。引き続きこの後の状態をよく確認しておきます」(大久保洋師)

やはり気持ちの問題でしたか。しかも重症ですね…
これまでも休み明けから使いつつパフォーマンスが低下していく印象なので、ストレスを溜め込みやすい性格なのかもしれないですね。

放牧での立て直しになると思われるので、洋吉先生の下では最後のレースとなるでしょうか。
レース選択はあまり好きではありませんでしたが(笑)、普段のコメント、会報の馬への愛情が伝わる姿、ここまで鍛えあげてくれた事には本当に感謝しています。

転厩先がどこになるか分かりませんが、この馬の性格を考えると短期放牧を重ねつつレースを使う厩舎の方が合っているのかもしれません。
どこになるにしろ、可愛がってもらえるとありがたいです。

中山11R 京成杯(GⅢ) 芝2000m
クルーガー (内田騎手)
6番人気3着

「まずまずのスタートから悪くない位置につけられそうだったのですが、最初のコーナーで寄られてブレーキをかける格好になり、狙いより後ろからになってしまいました。そうなってしまったからには何とか切り替えたかったものの、その後も結構ゴチャついてリズムが悪くなりました。また、まだ馬体がしっかりとしきれていない影響かここぞと言うタイミングで動き切れず、余計に苦しくなりました。それでも終いにかけてはいい脚を使ってくれただけに、もう少しでも流れに乗ることができれば違ったはずです。今日はチャンスを活かせず、申し訳ありません」(内田騎手)

「う~ん、あそこまで伸びてきただけに勝ちたかったですし、期待に応えられず申し訳ありません。最初のコーナーから狭くなってしまいましたし、その後も所々で非常にタイトな競馬で楽ではありませんでした。調教でやれば動ける馬なのですが、それでも普段の常歩や今日のパドックを見ていても正直トモが緩くて、まだまだこれからなんだなと感じさせます。競馬を使いつつ素軽さなども出てきてはいますが、勝負どころでのペースアップにもスムーズに対応できなかったように、やはりこれからの鍛練は必要になりますね。それでも今日のように最後に脚を使ってくるのはこの馬の能力の高さなんだと思いますし、これから先もしっかりと成長を促しつつ、結果に結びつけていきたいですね。精神的に落ち着いているタイプで輸送も問題なくこなせましたし、馬体重の減りも許容範囲内のものではありましたが、それでもデビューから見ると減少傾向にあります。また、今日はタフな走りを求められましたから、先を考えてもここは無理をせず放牧に出すことを含め考えていきたいですね」(高野師)

道中馬群の中で内田騎手の苦手な展開…と思っていましたが、パトロールビデオを見るとスペースがあっても反応出来ていなかったようですし、ポジションが悪くなったのも展開のアヤですから騎手のせいにはできません。
ただ直線はぶつけられながらも併せ馬の形でグイグイ伸びてきましたし、一旦はやったかと思えるレースで非常に見応えがある1戦だったと思います。

本音を言えば賞金加算できれば良かったですが、完成はまだまだ先と言われている現状で重賞3着ですからここは素直に喜びたいと思います。
この馬やっぱり良い馬です^^

戦前から懸念していた好走しながらも賞金加算できず→クラシックへ向けて無理使いというのは高野先生のコメントを見る限り避けられそうですし、一旦休養でこの先トライアルに格上挑戦で使うのか、自己条件から再度飛躍を狙うのかどちらにせよ今後が楽しみです。

出資時にどうしても行きたい馬の評価をしたクルーガー、サフィロス(残る1頭レントラ-は抽選×…)が重賞でも活躍してくれたので、同様に思えたまだ未デビューのアフレイム、レッドディザイア13にも期待が高まってくる結果でした^^
スポンサーサイト

テーマ : 一口馬主 ジャンル : ギャンブル

19:24  |  レース後とか色々  |  コメント(0)  |  Top↑

*Comment

コメントを投稿する

URL
コメント(必須)
パスワード  編集・削除するのに必要
秘密  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。