2017年06月 / 05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  Top↑

2015.01.28 (Wed)

次は曲がれると良いな

ゴットフリートは天栄に放牧に出されました。
中山にはこだわらなくても良いと思いますが、続けて使ってまたへそを曲げられて半年休養とかされても困るので放牧で良かったと思います。
またリフレッシュして良い走りを見せてもらいたいです。

最近は在厩馬が増えてきて、アルフヘイムヴレクールが帰厩後最初の更新でした。

アルフヘイム
「先週金曜に無事入厩しました。環境が変わったせいか、移動してすぐにちょっと熱が出てしまったので慎重に様子を見ていましたが、すぐに落ち着いてくれて日曜から乗り出すことができています。今朝からゲート練習を開始しましたが、今のところは素直で特に問題はありませんね。運動中などの様子は子供っぽい感じですが、人間には従順なようですし、これなら順調に進めていけるでしょう」(笹田師)

調教の動きから期待十分の馬ですが、ようやく入厩する事ができました。
同厩舎のリーガルと同様に募集時の評価よりは育成時の動きから期待が高い1頭ですが、体の維持に苦労したりしなければきっと活躍してくれると思っています。

まずは無事にゲート試験に合格を!

ヴレクール
「だいぶしっかりと乗り込めるようになったとのことで、先週土曜日に帰厩させました。どのくらい動けるか見てみるという意味でも、今朝はポリトラックでサッと馬なり程度の時計を出しています。元々攻め駆けするタイプでもありますが、ポリトラックだと非常にスピードに乗って素軽いいい動きをしますね。時計も、6ハロン81秒台、ラスト1ハロン11秒6を持ったまま。気分良く走れていましたよ。ノドの音はまったくしないというわけではないのですが、乗っている助手によると走りには影響していないとのことです。この動きなら、あと1、2週で出走のメドが立ちそうですよ」(大久保龍師)

未勝利優勝→放牧→帰厩の流れでさあここから!と思ったのも束の間、ノド鳴りで北海道に放牧へ…と膝かぶりといいなかなか順調には行きません…
手術後も完治とは行かなかったようですが、良い動きという事で競走能力に影響しないと信じてこれからは順調に行くよう願いたいです。

あとはこの問題児の次走が気になる所です。

チャリスウェル
「再審査の前に速い時計を出していくとテンションが上がってしまう可能性もありますし、最初は不合格でも仕方ないという気持ちで、今朝再審査を受けました。先週金曜日には小牧ジョッキーに乗ってもらって確認していますし、その後も調教ではそう悪いところは見せていません。ただ、ブリンカーについては、却って怖がってしまってブレーキを掛けたので、着用はやめています。いつもと違う雰囲気を感じ取って、ジョッキーに乗り替わるまでちょっとバタバタしていましたが、試験自体はコーナーもスムーズに曲がっていて特に問題はなく合格してくれました。ただ、ジョッキーに聞くといつ逃げてもおかしくないような気配はあったようです。そのあたりはこちらもあまり調教で追い込まないように気をつけていかないといけませんね。とにかく、これで第一関門クリアですから、レースに向けて調教を進めていきたいと思います」(宮本師)

まずは調教再審査をクリアしましたが、何となく雲行きが怪しいですね(苦笑)
前走のレースを現地で見てから気性難の馬のコーナーが気になるようになってしまいましたから、次のレースでこのトラウマを治すような走りを期待しています。

が、現地で見るのは気持ち的に怖いので、できれば京都記念の日は避けてください(笑)
スポンサーサイト

テーマ : 一口馬主 ジャンル : ギャンブル

22:23  |  キャロットクラブ  |  コメント(0)  |  Top↑

*Comment

コメントを投稿する

URL
コメント(必須)
パスワード  編集・削除するのに必要
秘密  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。