2017年06月 / 05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  Top↑

2015.02.01 (Sun)

軽い頓挫も

続いてキャロットの2歳馬たちの近況も。
軽い頓挫もありましたが、画像自体の印象はむしろ良くなっていますし、今年の2歳馬達は今の所順調です。

ラズベリータイム13
大人びた性格で普段からとても扱いやすいのですが、調教では気持ちを前面に出した積極的な走りができていることもあり、スムーズに調教を進めることができています。坂路コースで早くもハロン15秒台の調教を開始できているように現状において同期の中でも完成度の高い1頭と言えるでしょう。
ラズベリータイム13

順調だとは思っていましたが、この時期に15秒は早いですね。
お母さんは3歳になってからのデビューだったようですが、母父フジキセキのおかげか仕上がりが早そうなのは良かったです。

ドンドン期待度が上がっている現状ですが、このままの勢いを維持して春を迎えてもらいたいです。

アウトオブタイム13
ハロン16秒台のペースにも余裕を持って対応できており、乗り込みを継続してきた効果から息の入りが良くなるなど基礎体力が備わってきていることが感じられます。馬体には徐々に力強さが出てきているものの走行中の力みは多少なりとも感じられるので、角馬場でフラットワークを行うなどしっかりコミュニケーションを取りながら進めていくことで改善を図っていきます。
アウトオブタイム13

ようやく残口表示が出たようですが、この中間は特に変わった感じはしないですね。
力みは感じられるようですが順調ではあるので、ラズベリータイムに続いて15秒ペースに到達してもらいたいです。

ディマクコンダ13
体高が伸びるなど馬体に成長を感じますし、それに伴って坂路コース登坂時の動きもダイナミックなものへと変わってきています。気性も素直で精神的な落ち着きがあり、スタッフの指示に対しての反応には素早さがあります。今後もこの調子で良化を促していければ理想的でしょう。
ディマクコンダ13

16秒ペースに達しましたが、力強さはやっぱりもう少しほしいですね。
ただ、動画の動きは以前よりしっかり走れているように感じますし、今のペースを継続して更なる良化を期待したいと思います。

マクダヴィア13
キャンターの最中も遊んだり、集中力のない部分を見せていたりと、まだまだ幼さは目立ちますが、本当に悪いことをするタイプではなさそうです。前進気勢の強さは好感が持てますし、先頭で走っても物見をしない部分などは好印象を与えます。
マクダヴィア13

この中間は18秒ペースになり、一歩一歩着実に進んでいます。
まだこのペースでは何とも言えませんが、ペースアップした際にも問題なく行くよう願っています。

カメリアローズ13
現在はトレッドミルでの調整を行っています。速めを行うことで減っていた馬体重はリフレッシュを図っている効果で徐々に戻ってきており、見た目とのギャップが少しずつ埋まってきました。調教時の元気の良すぎる気性も落ち着きが見られるようになってきたので、状態を見た上で比較的早くに元の調整メニューへ戻していけそうです。
カメリアローズ13

こういう馬体が大好きなんですよね^^
この中間はあまり変わった印象は無かったんですが、筋肉の張りが前よりも良くなったように感じます。

リフレッシュ中のようですから、次の更新では馬体重が増えていれば良いですね。

シャンスイ13
体力面の更なる強化を図るため、一旦メニューを落としていましたがこの中間、馬房内で捻ったのか右トモに違和感が出てしまったので、更に調整ペースを落として対応しています。現在はウォーキングマシン調整を行っています。まずは痛みが引くまでゆったりさせる方針です。また、騎乗運動を再開した後も馬体に一本、きちんとした芯が入るまでは成長を見ながら時間をかけて進めていきたいと思います。
シャンスイ13

捻ってしまったのは残念ですが、どうせジックリ進める方針でしたからあまり気にはしていません。
それに相変わらず良い雰囲気がありますし、実が入ってくればきっと走ってくれるでしょう。

出来ればこの機会にもう少し成長してもらって、体が増えてくると良いのですが…

シンプルザベスト13
この中間に右トモに外傷を負ってしまい患部に腫れが見られため、現在はウォーキングマシンで軽めの運動を行っています。いったん調教ペースを落としてケアを行う必要はありましたが、幸いにも大事に至るようなものではありませんでした。ここまで坂路コースでハロン16秒のキャンターを行えていたようにある程度の下地はできていますので、騎乗調教を再開すればスムーズに進めていけるのではないかと思います。
シンプルザベスト13

外傷という事ですが、まあトモの疲れとか乗り込みながら出てきた不安ではなくて良かったです。
コメント通りすぐに騎乗再開できれば何の問題もないでしょうし、変わらず早期デビューを期待しています。

馬体は相変わらず良いですね。
スポンサーサイト

テーマ : 一口馬主 ジャンル : ギャンブル

21:10  |  キャロットクラブ  |  コメント(0)  |  Top↑

*Comment

コメントを投稿する

URL
コメント(必須)
パスワード  編集・削除するのに必要
秘密  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。