2017年06月 / 05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  Top↑

2015.02.04 (Wed)

得意条件での巻き返しを

来週はハープの今年初戦ですが、1週前追い切りの動きも良かったようでキズナとの対決に良い状態で挑めそうです。
頭数は少なければ少ないほど良いですが、少頭数になってくれるとありがたいのですが…

さて最大10頭出走の週末へ向けてですが、キャロットの準オープン馬2頭は抽選との戦いになりそうです。

ルベーゼドランジェ
「今朝は坂路で追い切りました。朝一番ということで非常に走りやすい馬場状態でしたが、それにしても時計、動き共に抜群ですね。先週の坂路での調教も良かったことは良かったのですが、まだ一段階上があるかなと思っていたんです。案の定、状態は更に良くなってくれましたね。ただ、やはりダートの番組のほうが優先権を持った馬が多く、まだ芝の番組の方が入る確率としては高そう。仮にもし芝へ向かうことになったとしても、前走が見せ場たっぷりで、このクラスでもスピードは十分に通用することはわかっていますし、加えてハンデも53キロと魅力的ですからね。どちらへ投票するかは想定などを見ながらギリギリまで考えさせていただきたいと思います」(小崎師)

どちらも抽選となりそうですが、この感じだと芝に向かいそうですね。
この時期らしく京都にしてはマシな馬場ですが、向いていないような気もしますけど…

どちらにせよここを逃すと当分平坦1200は無いですから、抽選突破を願います。

ジャッカスバーク
「先週の追い切りはまずまずで、良い印象を抱けたものだったのですが、これまでのジャッカスだとクロス鼻革やブリンカーなど、より集中できる状況にしたときにその様子が見られることが多かったのです。しかし、先週はノーマルの装備でもいい走りができていましたので、一連の取り組みがプラスの方向へ活かされてきているのかなと考えることができると思います。毎回毎回同じような装備でいると慣れが出てきてしまい、その良い効果も薄れてしまうので状況によって変化をつけるようにしていますが、今週は当該週の追い切りになることも考えクロス鼻革を着用して追い切りを行いました。相手を見ながら進み最内から脚を伸ばすようにしましたが、動かしてからの反応もしっかりしており悪くない動きを見せてくれましたよ。ここまで順調に来れていると思います。あとは今週無事に出走できるかどうかですが、その前にハンデが54キロになり調整がついていたベリー騎手はウェイトの関係で騎乗することができないことになりました。これまで勝たせてくれている戸崎ジョッキーも先約があり調整ができないため、どうしたらいいか悩ましい状況でありましたが、ちょうどその日に関西から川田ジョッキーが来ると言うことで彼にお願いすることにしました。タイプ的にはジャッカスに合いそうな気がしますし、予定していたジョッキーで乗れないのは残念ですが、彼が乗ってくれるのであれば悪くないのではないかなと思います。明け4歳という事を考えた分もあるのでしょうが、まさか54キロになると思っていなかったので、ちょっと不満ですが、ラッキーとも捉えられるでしょう。ハンディキャッパーが評価を見直すくらいのレースを見せてほしいですよね。その前にまずは抽選が関わってくるでしょう。無事出走できればと思っていますし、出られたら挽回したいですね」(古賀慎師)

54kgで出られるんだとは思っていましたが、ベリー騎手はそれだと乗れないんですね。
ただ替わりの騎手が川田騎手なら何の文句も無いですし、私もタイプ的に合いそうな気もします。

中山から東京に変われば前走のような事は無いと思いますし、外枠でも引ければチャンスも十分あるでしょう。
まずは抽選突破を!

ミラクルルージュ
「先週までと同じく今週も引き続き単走で追い切りをかけました。じっくり動かすことによってリズムよく走らせ気持ちを追い込まないようにしていますが、今週の走りも良かったように思います。ものすごくいいと言い切れない部分もあるのでしょうが、それはここ数戦の競馬が思うようなものになっていないからとも言えると思います。ここ最近は特に必要ないのかなと思いノーマルな形で臨んでいましたが、以前はレースでシャドーロールを着用していました。それがないとダメということではないように思うのですが、ゲンを担ぐ意味でも気分転換の意味でも今回調教で着けてみたんです。レースに関してはまた改めて考えますが、集中させられると言うことを考えても着けるのは悪くないかなと思っていますので、基本的には着用を前向きに考えるつもりです。自分の走りができればいいところがあるはずの馬ですし、今週何とかしたいですね」(上原師)

間隔が開いているのでまず出られるなとは思っていましたが、調子もまずまず良さそうです。
もうあまり時間もなく得意な条件を使えるのは限られますから、何とかこの舞台で良い走りをしてもらいたいです。

アカネイロ
「今朝は坂路で馬なり程度に追い切っています。先週終い重点にやっていますし、今週は輸送もあるので楽な手応えのままでしたが、朝一番の馬場状態がいい時間帯とあって時計的にも思った以上に出ていました。体は思ったほど増えてこないのですが、カイバはしっかりと食べてくれているので問題ありません。動かしつつ馬体の張りも良くなってきていますし、イライラしたところもありません。想定表を見たところ、無事出走できそうですし、うまく前に壁を作って進められれば前走のようなことはないと思っています」(清水久師)

登録時点ではうっ…と思ったのですが、無事に出られそうという事で一安心です。
小回り1800ならそれなりに流れるでしょうし、前走でガス抜きが出来たのであれば変わった姿を見せてくれると思います。

軽い馬場の方が良さそうなタイプで開幕週は良いと思いますし、能力的には上のクラスでもと思っている馬なので良い結果を期待しています。

ラッシュアタック
「ここまでガクッと疲れが出るようなこともなく比較的調整は順調に進めることができていました。感じから今週か来週の競馬を考えられそうかなと思っていましたので、今週の追い切りをもって判断したいと思っていました。その判断材料の1つとしてデビュー戦で跨ってくれた皇成に乗ってもらい、率直な感想を聞きたいと思って彼に乗ってもらったんです。まずは角馬場でじっくりゆっくり動かして体を解したうえでウッドチップコースで追い切りをかけました。パートナーを前に見ながら進め直線に入って反応を確かめてもらったのですが、しっかりとした動きができており、感触は良かったように思いますよ。その後は前回課題を見せたゲートへ練習に行ったのですが、中でちょっとゴソゴソしていたんです。悪さをするほどでは無いのだけれども、前回のことを考えると少し敏感なところは出るかもしれませんので、今回に限らず今後も気をつけながら接していかなければいけないのかもしれませんね。そういう課題がある事を考えても練習で感じ、そしてこの馬の良さを知っていると言う点で考えて、レースでも皇成に跨ってもらった方がいいと判断して彼とのコンビで行きたいと思います。あまり追い詰めすぎても良くないでしょうし、動きからも今週を考える分に問題はないのではないかとの意見でもありましたので、今週の1800m戦へ向かいたいと思います」(菊川師)

「デビューの時以来跨らせていただきましたが、その時からここまでの数ヶ月の間でも成長しているように感じました。気持ちも出ており、しっかりとした反応、しっかりとした動きができていましたし、良くなっているように思います。まだトモの緩さなど若さを感じさせる部分はありますが、このいい流れの中で成長させていければ楽しみになると思います。追い切りの後にゲート練習へ行ったのですが、後ろが少し気になるのか駐立時にちょっとゴソゴソしてしまっていました。だからといってそれ以上の悪さをするわけではないのですが、レースでも見せる可能性はゼロでは無いでしょうし、気をつけてレースへ臨めればと思っています。よろしくお願いいたします」(三浦騎手)

サフィロスの時も思ったけど三浦騎手はちょいちょい通常コメント時でも登場してくれますね。
追い切りでも感触を確かめてもらえるのはありがたいですし、実戦でも上手くエスコートしてくれるよう期待しています。

何とか行き脚が付いて前走より良い位置で直線に入れればチャンスも十分あるでしょう。
スポンサーサイト

テーマ : 一口馬主 ジャンル : ギャンブル

21:05  |  キャロットクラブ  |  コメント(0)  |  Top↑

*Comment

コメントを投稿する

URL
コメント(必須)
パスワード  編集・削除するのに必要
秘密  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。