2017年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  Top↑

2015.02.18 (Wed)

軽微とはいえまたか…

満を持して帰厩したはずだったんですが、残念な事に…
ウォークロニクル
「先週1週間は様子を見るようにしていました。歩様に関してはそこまで外に見せる事はありませんし、脚元を触っている感じも大きな問題はなさそうです。ただし、深管部分は多少疲れがあり、いくらかチクチクするようなところは残ります。今朝自分で跨ってみましたが、ダメではないけれどこのまま競馬へ向けて強い負荷をかけるのはやめたほうがよさそうかな、立て直すべきかなと感じました。その中で、レントゲンを撮って球節部分を改めてよく見てみたところ、いくらか骨片のようなものがあるように見えなくもないということで、休ませるのであれば見舞金を出しますよと診療所も言ってくれています。乗ろうと思えば乗れなく状態なのですが、体もない馬ですし、しっかりするまではそう何度も使い込める馬ではないように思いますし、万全の状態でしっかりと決めるという選択をしてあげたいとも思い、クラブ、牧場とも相談の上、ここは休養を取り、不安を無くしてからレースへ向かうのことになりました。レースを使えないでお休みに入ることを大変申し訳なく思いますが、何とか先につなげたい馬なので、よろしくお願いします」(鹿戸師)

大したことは無さそうですが、それでも数ヶ月は休養になるんでしょうね。
何とか6月の東京に間に合う程度だと良いのですが…

今世代何度目だよ…って感じですが、なってしまったのは仕方ないので、せめてこの休養でもう少しシッカリしてもらいたいです。

それ以外の馬たちはハープは予定通りドバイへ、そして来週の競馬を予定していたレプティスマグナもこれまた予定通り来週の競馬に向かう事になりました。
そして、先週帰厩したクリソライトも予定通りダイオライト記念に向かいます。
「ダイオライト記念を視野に、先週金曜に帰厩させました。レースが水曜日なので、毎週末に強い追い切りをやっていくプランで、今朝はまず馬なり程度の脚慣らしです。前走は案外な負け方でしたが、馬場が悪化したこともありましたし、苦手な内枠も堪えたのだと思います。それに、昨秋はトップレベルの競馬をコンスタントに使ってきましたからね。NFしがらきでは一度完全にリセットするぐらいの気持ちでリフレッシュさせましたし、ここからまたこの馬らしい走りができるように仕上げていきたいと思います。週末からは併せ馬も取り入れていく予定ですよ」(音無師)

思ったよりもガタッと来ていたように思いましたが、しがらきでしっかりケアをしてもらったおかげで予定通り向かう事ができそうです^^
ドンドン揉まれ弱くなっているのは気掛かりですが、スムーズなら一線級にも通用するはずと信じています。

まずは挑戦権を得るためにも賞金加算へ向けてこれからよろしくお願いします!

それ以外の馬たちもほぼ予定通りで。
グレナディアーズ
「暖かい時期に比べるとちょっと物足りなさを感じるデキだったとはいえ、この馬の力からすればここは勝ってほしいレースだったのですが…。申し訳ありません。この距離でもかなりハミは噛んでしまっていたようですし、血統的な距離適性が強くなってきているのかなとも感じます。この後についてですが、ちょっと悩んでいるところなんです。馬の状態自体は、休み明けを一度使ったことで馬体の張りも良く見せていますし、特に問題ありません。おそらく、距離を短縮すれば競馬はしやすいでしょう。でも、休み明けで気負いがあったという見方もできますし、2000mで勝っている馬をあっさり1400mに使うということは今はまだしづらい。乗り出して馬の精神状態も含めてよく見てから再度検討しますが、中1週で阪神の1800mを使ってみて、それでどうしようもなく行きたがるようなら、一度リセットしたうえで距離短縮を考えていこうかと思っているところです」(音無師)

いよいよ距離短縮も検討する状況になってしまいましたが、どうしてもガーッと行くようになってしまって行けないと脆かった叔父さんのようにならないかと不安なんですよね。
もちろん、これまで先を見据えて進めてもらったおかげで、1400の流れなら折り合って暴走せず進められる可能性もあるとは思います。

能力的にはオープンでもと思っている馬ですし、今後どこへ向かおうと音無先生を信じて見守りたいと思います。

ピオネロ
「今朝はCWコースでに入れて追い切っています。先週に引き続き、ビッシリと攻めたのですが、雨が降って少し重たくなった馬場の中でも非常にいい動きを見せてくれました。全体が82秒を少し切るくらいで、終いが12秒フラット。短期の放牧明けですが、馬はしっかりとリフレッシュしていて元気いっぱいですし、状態に関しては心配ありませんよ。前走、敗れたとはいえ昇級初戦ということを考えると決して悪くない内容でしたし、早くもこのクラスにメドは立ったと思いますので、なんとか前走以上を期待したいですね」(大渡助手)

相変わらず体調は良さそうなので、後は当日上手く運べるかどうかですね。
ピュッとは切れないので全体的に流れるか、良い位置を取れると良いのですが…

ラッシュアタック
「この中間の様子も変わりはありませんよ。時間が経つことによってガクッと来ることもありませんでしたし、現在は元気な様子を見せてくれています。今のところ中山の2週目あたりを目標にしたいと思っていますので、間隔的には中3週と十分な時間がありますから、今週は速いところを行うのではなくじっくりと動かす内容にとどめています。おそらく週末あたりから大きめを乗り出すことになるでしょうが、あくまでも馬の状態に合わせてでいいと思っていますし、決めつけないで今後の調整にあたって行きます」(菊川師)

中山マイルよりは1800が良かったので、ここでどんな走りをしてくれるのか楽しみにしています。
凄く切れる訳でもないですし機動性はそれなりにありそうなので、今度こそこの舞台で初勝利を期待です。

チャリスウェル
「先週の追い切り後も、坂路で乗った感じはモタれる面もだいぶ制御できるようになっていたので、今朝もコースではなくいつもどおり坂路でやりました。まだビシッとやるというよりは、前半からある程度行かせつつ、全体的に負荷をかけるというイメージ。根っから気が悪いというよりは、ちょっとしたことにびくびくしたり怖がったりという精神面の子供っぽさが大きく出ているように思いますし、調教でもムチを入れたりはせず、しっかりと走らせることを第一に考えてきました。正直、久々の実戦で不安なところもあるのですが、休み前よりもパワーアップして体つきなども良くなっているので、なんとか力を出し切ってもらいたいと思っています」(宮本師)

当日何かのきっかけでまた…という事はあり得るので、ちょっとレースを見るのが怖くなりそうです。
他馬よりも大きな体なんだから、もっと堂々としてくれるはずだったんですが(苦笑)

レースを理解しながら慣れて行ってくれればまだ変われる余地はあると思うので、まずは無事にレースを終えてもらいたいと思います。
スポンサーサイト

テーマ : 一口馬主 ジャンル : ギャンブル

22:00  |  キャロットクラブ  |  コメント(0)  |  Top↑

*Comment

コメントを投稿する

URL
コメント(必須)
パスワード  編集・削除するのに必要
秘密  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。