2017年07月 / 06月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫08月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  Top↑

2015.03.04 (Wed)

楽しみにしてたんですが

前走後からずっと楽しみにしていたファルコンSはこの調子だと回避となりそうです。

サフィロス
「帰厩に向けて再度それなりのところで動かせるようであればそれこそ今週の帰厩となる予定にしていましたが、調教師やクラブとも相談した結果、ここは無理をしないことにしました。ファルコンSは何が何でも使わなければいけない番組ではありませんし、この春をよりいいものにしていくためにも、まずは不安なく調整を進められた上での帰厩、そして競馬と向かいたいですからね。トレッドミルで常歩を行っていると徐々に歩様が解れて良く見せるようになりますし、おそらくは筋肉系の疲れによるものだと考えていますが、引き続きしっかりと状態を見ながら無理のないタイミングでの乗り運動再開に備えていきます。馬体重は502キロです」(天栄担当者)

将来を見据えた手塚先生の判断の元、今回の休養で更なる成長を遂げて戻ってくるはずだったのですが…
筋肉系の疲れという事はちょっと負荷をかけ過ぎてしまったんでしょうか…

地元の重賞に勝負になる馬が出る機会なんてそうそうないですし、去年から楽しみにしていただけに残念です。
まあ今無理しても仕方ない時期なのは確かですし、今度は成長の成果を見せるレースがどこになるのかを楽しみにしています。

今日更新があった馬たちはまずまずという感じでしたし、ハープは相変わらずでレプティスマグナもレース後の問題はとりあえず無いようで、今月半ばのレースへ向かうそうでそれは何よりでした。

そして中央ではキャロット最後の3歳馬のデビューが近そうです。
グラツィオーソ
「先週ゲートを合格した後も、特に堪えた様子は見せず順調に乗り込めています。今朝は実質的な初追い切りということで、他の馬が少ない遅い時間帯に坂路で併せてやってみました。相手には手応えで見劣っていましたが、入厩してからまだ日が浅いことを考えれば、いきなり55秒台で走れればスタートとしては上々でしょう。まだ芯が入っていない分、どうしてもフォームがバラバラになってしまいがちですが、その中でこれだけ動けるなら乗りながらの良化も見込めそう。もう1、2本やっていけばデビューのメドも立ちそうです」(藤岡師)

骨片の手術からえらい時間がかかりましたが、まあ原因は何となく理解できます。
フォームがバラバラになるのは芯が入っていないからという事ですが、相変わらずあのフォームで走ってるんでしょうか(苦笑)

ちょっとデビュー戦を見るのが怖い思いもありますが、まずは第一歩を無事に踏み出してもらえたらと思います。
スポンサーサイト

テーマ : 一口馬主 ジャンル : ギャンブル

21:42  |  キャロットクラブ  |  コメント(0)  |  Top↑

*Comment

コメントを投稿する

URL
コメント(必須)
パスワード  編集・削除するのに必要
秘密  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。