2017年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  Top↑

2015.04.08 (Wed)

3度目の試練

今日は良い事もいくつかあったんですが、悪い事もいくつか重なってしまいました…

ヴレクール
「先週の競馬の後、すぐには特に症状を見せなかったのですが、2日ほど経って歩様に乱れが出てしまいました。レントゲン検査を行ったところ、右前脚トウ骨遠位端の骨折という診断。膝部分の軽いはく離骨折のような感じですが、骨片を除去する必要がありますので、近日中に北海道へ移動して手術を行う予定です。結果的に、直線の伸びを欠いたのはこのあたりの影響があったのかもしれません…。1400mで改めて見直したいと思っていたところでこのようなことになってしまい、大変申し訳ありません」(大久保師)

ヒザ被り→ノド鳴り→骨折と、ちょっとかわいそうになるぐらいの馬生を歩んでますね。
程度は軽いようなので夏の間にしっかり治して、また秋くらいに元気な姿を見せてもらえればと思います。

順風満帆とは行かない競走生活ながら2勝をあげているように能力はある馬ですから、この試練も乗り越えてまた勝利をあげてくれるはず!

ゴットフリート
「今週の競馬に向けて、先週ちょっと足りなかった分のフォローもしながら調整しようとしていたのですが、週末に馬房内の寝起きの時かなにかに別の脚で引っ掛けてしまったようで右前脚の蹄球から繋にかけた部分に傷をつくって出血してしまいました。蹄も少し裂蹄気味だったのですが、すぐに装蹄師を呼んで対処してもらったところ即判断しなければいけないという状況ではなかったので、様子を見ながら今週行けるかどうかを探るようにしたんです。ただし、週明けの様子を見ていると、歩様がまだいくらか気にしているような感じがあるんです。また、柔らかくて動く部分の傷なので、今すぐ競馬というのは避けたほうがいいのかなと感じました。それなので、大変申し訳ありませんが目先だけのことを考えるのではなく今後のことも優先して無理をしないことになりました。少し様子を見ますが、明日か明後日あたりに一度放牧に出したいと考えています」(斎藤誠師)

ハンデも想定よりも背負わされ、馬場もどうかなあという思いもありましたが、それでも無事に出走してほしかったのが本音です。
見切り発車で放牧に出されるのは良かったと思うので、1ヶ月くらいで万全にしてもらって5月最終週の東京マイルあたりにでてもらえたらと願っています。

今年は巻き返しを期待していただけに上手く行かず歯痒いですが、これ以上何か起こる事の無いようお願いします。

とまあ、立て続けに離脱となってしまいましたが、嬉しいニュースもいくつかあったのが救いでした。

ビットレート
「引き続き、順調の一言です。中内田調教師とも相談した上で今のところ、来週中の検疫を確保した上でトレセンに入厩させることを検討しています。それまではしっかり対応していければと思います」(空港担当者)

去年の10月末に骨折して以来戦線を離脱していましたが、順調に回復して戻ってくる事になったようです。
未勝利なら既に勝ち負けできる実力は見せていますし、上のクラスでもと思っている馬なので、まずは無事にレースに復帰し近々の初勝利を期待したい所です。

この休養中に肉体面もそうですが、精神面の成長が見られればなお良いですね。

そしてドバイで惨敗したハープスターは特に疲れ等もなく順調なで、川田騎手でヴィクトリアマイルに向かう事になったようです。
今度は距離もコースも心配ありませんし、ハープらしく後方から脚を伸ばす競馬をするようなので、きっと巻き返してくれると思います。
スポンサーサイト

テーマ : 一口馬主 ジャンル : ギャンブル

21:43  |  キャロットクラブ  |  コメント(0)  |  Top↑

*Comment

コメントを投稿する

URL
コメント(必須)
パスワード  編集・削除するのに必要
秘密  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。