2017年06月 / 05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  Top↑

2015.05.21 (Thu)

キャロットの馬しかいない

本日アカネイログラツィオーソが戻ってきてキャロットの在厩馬15頭に対して、東サラ1頭、グリーン1頭、ノルマンディー1頭、ロード0頭、社台0頭と気が付いたら変な状況になってました(苦笑)
6月は出走予定馬も現在0ですし、来月はいよいよ連続出走週記録も危うい感じです。

何とかそれぞれ権利を奪取してもらって、6月にそのままなだれ込みといきたいものです。

今日更新があった馬達の近況を。

ルヴァンカー
「この中間の状態次第では、2場開催になる前に使いたい気持ちもあったのですが、週明けに左前脚に軽い外傷を負ってしまったこともあり、今週一杯は無理をさせず調整していくことにしました。馬のことを考えれば、中2週空けてあげた方がいいでしょうし、その分万全の状態に持っていけるようにしたいですね。使いつつもイライラするような面はありませんし、カイバ喰いも良く体調は変わらず良好です。なんとかクラス再編成前に勝っておきたいところですね」(小崎師)

相変わらず体調は良さそうですし、次で決めてそろそろ一息入れたいですね。
2場開催なので京都かと思っていますが、2走前の勝ち馬が1000万下を連勝していましたし、好勝負できたこの馬も現級なら力上位でしょう。

ブランダルジャン
「次走を考えるにあたり、最短で中1週の今週というプランも頭にはありました。基本は中2週くらいではありましたけれど、メンバーや頭数等の条件で魅力を感じられる状況ならば行こうと思っていましたので、水曜日に出る想定を見て出走を考えるならば木曜日に少し時計を出そう、来週の競馬にするならば調整メニューを変えようと考えていました。水曜日段階なので他馬も移動しますから絶対出走するとまでは言えなかったものの、考えてもよさそうに思える状況でしたので、今朝時計を出しています。そうはいってもそこまで速い調教は必要ありませんし、精神面を考えてもこの間隔で攻める必要もありません。バランスを考えて15-14くらいをベースにして動かしました。動きは変わりなく良かったですし、キャンターへおろすときの精神状態も我慢が利いていて悪くないと思えましたよ。ウチのスタッフたちも一生懸命に頑張ってくれていますが、ブランダルジャンも頑張ってくれているのを実感できます。上がりの雰囲気からも今週の競馬を選択肢に入れていいのではないかと思えましたので、今日改めて出馬状況を見て最終判断をすることにしました。土曜日に牝馬限定戦があってこちらには引き続き脩が乗れるとのこと。ただ、その牝馬限定戦も魅力的でしたが日曜日の一般戦もそこまで強くないメンバー構成だったので両面で考えた結果、土曜日の牝馬限定戦へ向かうことにしました。初ダートである分、キックバックをもろに受けた際のリスクは心配です。ただし、走りからダートを試してみたいとも思いました。もちろん芝がダメとは全く思っていないですし、今後また芝を使いたいとも思っていますが、まだまだ成長する余地があるこの仔の将来をつなぐためにも何が何でも勝たせたい。芝ばかりに拘って勝ち損ねてしまっては意味がないので、チャレンジしてみますし、何とかいい結果を出してほしいという気持ちでいます」(勢司師)

前走二桁着順の馬ばかりですし、初ダートで自分の走りが出来れば上位を見込めそうです。
まだまだ力不足なのか追い出してグッと来る感じがしないですし、何とかダート適性を示してもらって出来れば勝ってもらいたいです。

ラッシュアタック
「先週帰厩させていただき、様子を見ながら徐々に進めてきました。トモの状態など、まだ万全とは言い切れないレベルにあるかなという話をもらっていましたし、たしかに動かしていてもちょっと緩さが残るなという気もしていました。しかし、動かしていく毎に徐々に解消されてきそうな感触はあるので、決してネガティブには捉えていませんよ。しっかりケアしながら調整を進めていきます。今朝は追い切りをかけました。2頭で併せてパートナーを見ながら進めて終いを軽く伸ばしたのですが、まずまずですかね。時計も5ハロン71秒くらいとそこまで速くてハードな調教を課したわけではありませんし、少しずつピッチを上げていってフィットさせていければと思っています」(菊川師)

万全とは行かないようですが、あとは厩舎の腕に期待します。
東京の広いコースなら1600の方が合いそうですが、出来れば乗りなれた三浦騎手に合わせてお願いします。

ビットレート
「以前までなら道悪は良くなかったのですが、休養の間に馬が成長して力をつけてきたおかげか、前走はそれほど苦にしている様子もありませんでした。いつも最後はあとちょっとのところで負けてしまうので、この馬は運のないところもありますが、いきなりからあれだけ走るのですからやはり能力がありますね。レース後もテンションが上がるようなことはなく、至って順調。一度使われて馬体には張りが出てきており、状態は良さそうです。阪神の開幕週の馬場も魅力だったのですが、最後に少し甘くなるところがあるので、直線が平坦な京都の番組に中1週で使われていただくことにしました。次こそは決めたいですね」(中内田師)

とりあえず骨折明けのレース後も無事なようでホッとしました。
京都は骨折した舞台で何となく嫌なんですが、何とか次で決めて安心させてもらいたいです。

クラリティーアイズ
「先週の入厩後は、環境に慣らしつつ、ゲート練習を中心に乗り込んでいます。今朝は試験用のゲートで、発馬からキャンターで出すところまでやりました。うるさいところも見せず、ここまではとても順調ですね。ただ、環境に慣れたことで却ってトレセンの雰囲気に圧倒されてしまったのか、入厩当初は問題なかったカイバ喰いがここにきて悪くなっています。そのあたりも考慮して、なるべく早い段階で試験をパスさせてあげたいと思っています」(池添学師)

まずまず順調なようですが、この感じだとゲート試験合格後は放牧になりそうですね。
とりあえずは無事にゲート試験をクリアしてください。
スポンサーサイト

テーマ : 一口馬主 ジャンル : ギャンブル

22:31  |  キャロットクラブ  |  コメント(0)  |  Top↑

*Comment

コメントを投稿する

URL
コメント(必須)
パスワード  編集・削除するのに必要
秘密  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。