2017年04月 / 03月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫05月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  Top↑

2015.05.23 (Sat)

2年かけてのオープン入り

なかなか勝てなかった準オープンでしたが、ついにルベーゼドランジェが突破してくれました^^
賞金額でも現役No5まで浮上し、2歳からこの世代を引っ張ってきたゴット、ゼウスを射程圏に。
まさかここまで活躍するとはデビュー時からは想像も出来ませんでしたけどね(笑)

5/23(土)
東京1R 3歳未勝利 ダ1600m
ブランダルジャン (石橋騎手)
3番人気5着

「中1週の競馬がどう出るかなとは思っていましたが、メンコを着用した効果もあったのか、返し馬やゲート裏では落ち着いていましたね。この雰囲気を保ったまま走らせたかったのですが、ゲートへ入ったら急にソワソワしてゲートの後ろ扉を何度も蹴ってしまいした。それによって体勢が悪く出がゆっくりになりましたが、それでも極端には離されずに済みました。そのまま流れに乗れれば良かったものの、今日はよりによって最内枠でまともに砂を被ってしまい、道中は終始促しながらでしたからね。直線で外に出してからの脚を考えればダートの走り自体は問題ないと思いますが、今日はやはり枠番の影響が大きかったです。芝にしろダートにしろもうひとつでも噛み合えば違うとは思いますが、それを引き出してあげることができず申し訳ありませんでした」(石橋騎手)

「間隔を詰めて使わせていただいたこともあり馬体重は少し減っていましたが、見た目に細いことはなかったですし、強い調教の本数が必要ないことも競馬へ向かう過程として決して悪くなかったと思います。初ダートになるのでメンコを着用させてもらいましたし、脩が跨がった感じでは効果はありそうとのことでした。それだけに上手く流れに乗っていい競馬をと考えていましたが、初ダートの最内枠は本当に痛かったですね。ゲートは奇数枠の一番最後入れになるようにしたものの、中ではエキサイトしてしまいました。また、出てからは砂を被って何度かブレーキをかけていたように、なかなかリズム良く走ることができませんでした。直線では外から脚を使ってくれているものの、今日は実質的に競馬に参加したのはその直線の2ハロンくらいとも言えるでしょう。力はある馬だけに上手く行かずに歯がゆいですし、いい走りをお見せできずに本当に申し訳ありません。ゲートを含め気性面に関しては間隔を空けたらそれだけで改善すると言うことはありませんし、時期も時期ですから、より慎重に状態をチェックしながらこのまま次に向かえるか見ていきます。もちろん馬の状態が競馬へ送り出せるものでなければ無理はしませんが、可能な限りは使いつつ、何とか結果につなげていきたいと思います」(勢司師)

直線入るまでは全然アカンかも…という感じでしたが、外に出してからは良い脚で何とか掲示板を確保してくれました。
1枠1番という枠がもう少し外ならまた違った競馬になったのかもしれませんが、相変わらずスタートの出が良くないので上がりがかかりやすいダートでもしんどいのかもしれませんね。

能力はありそうでも難しそうな馬ですが、勢司先生何とか勝ちあがらせてあげてください。

京都2R 3歳未勝利 ダ1900m
セレブレイトソング (荻野騎手)
5番人気8着

「馬場入りも返し馬も、前回よりずっと落ち着いていて、精神面での進歩が感じられました。レースも、スタートしてすんなり好位につけられましたし、とてもいい感じだったんです。勝ち馬の後ろで絶好だっただけに、3コーナーでペースが上がったら急にフワッと集中を欠いて、ポジションが悪くなってしまったのが痛かったです。直線は内外挟まれて却って気合いが入ったようでジリジリ伸びてくれただけに、3コーナーで置かれたのが残念でした。申し訳ありません」(荻野騎手)

「今日は歩いて馬場入りできたし、この馬としてはおとなしすぎるのではないかと心配するぐらいでした。でも、競馬ではスタートしてすんなりといいポジションにつけられましたし、敗れたとはいえレースぶり自体は進歩が見られましたね。間隔を詰めて使ったので、あまり無理をさせて苦しがっては気持ちの面でも影響しますし、そのあたりはしっかりと見極めて今後のプランを考えようと思います」(平田師)

えっと、これは俺はうまく乗ったけど馬がスッと反応できなかったのが悪いと言ってるんでしょうか…
調教、前走と乗ってスッとギアチェンジできそうに無い事も、これ以上速い上がりを使えない事も分かってると思うんですけどね。

そりゃあれだけ外を周って勝てる力が無いのは確かですが、そこを何とかするのが騎手でしょうに。
前走に引き続きなぜか1コーナー入り口までは余裕で構えてコーナー近くなると手が動いて外を周る謎の騎乗ですし、全然勝たせてやろうという気が感じられず、2走続けてただ乗ってきただけという印象です。
更に外にいた松山騎手はうまく乗っていましたし、それと比べるとガッカリな騎乗でした。

もちろん、ここまでゲート、調教と付きっ切りでやってもらったのには大変感謝していますが、もう時間もあまり無いので次は乗り替わりでお願いしたいです。

京都10R シドニーT ダ1200m
ルベーゼドランジェ (岩田騎手)
3番人気1着

「いつもどちらかと言うとチャカチャカしているタイプですが、今日は落ち着きがあったし、スムーズに前に行く形に持ち込めたのが大きかったですね。ゴール前は思ったより迫られましたが、向こうが来れば来ただけ踏ん張る感じで、最後までよく頑張ってくれました。いい時に乗せていただきました。ありがとうございました」(岩田騎手)

「ここまでお待たせしましたが、ようやく勝つことができてホッとしています。ありがとうございました。京都コースは合いますし、ブリンカーも効果があったのでしょう。また、逃げると見ていた馬が大きく立ち遅れたことも、ルベーゼにとってはラッキーだったと思います。やはり、こういう形になると強いですね。この後についてはトレセンに戻って馬体をチェックしてから考えていきます」(小崎師)

ハイペースで引っ張るはずのメイショウが出遅れるというまさかの展開になりましたが、そのおかげで1000万下を勝った時のようなラップになってくれたのが良かったのでしょう。
終いもシッカリしている馬ですし、今日は交わされそうになる中で本当に最後までしぶとく頑張ってくれました^^

岩田騎手もバッチリエスコートしてくれましたし、間隔を開けてでもこの条件を狙い、しっかり仕上げてくれた小崎先生、厩舎の方々にも感謝です。
ありがとうございました!

育成時は脚元が弱くデビューも危ういんじゃないかと思う頃もありましたが、2年前の3歳5月にやっとこさデビューした子がこうしてオープンまで辿り着けるんですから、最後まで諦めちゃダメですね。
現役生活はもう残り1年を切りましたが、オープンでも頑張ってもらいたいと思います。
ただ、良さそうな番組が少なすぎる点が気になります…
スポンサーサイト

テーマ : 一口馬主 ジャンル : ギャンブル

21:48  |  レース後とか色々  |  コメント(0)  |  Top↑

*Comment

コメントを投稿する

URL
コメント(必須)
パスワード  編集・削除するのに必要
秘密  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。