2017年07月 / 06月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫08月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  Top↑

2015.05.28 (Thu)

そろそろ勝ち上がってよ!

東サラ、ノルマンディー唯一の在厩馬2頭とと共にキャロット3頭も無事に出走確定。
あと1日乗り越えれば楽しい週末が待っている!

ミラクルルージュ
「悪くない雰囲気ですし、さっそく週末より時計を出し始め、今朝は2本目の時計として追い切りをかけました。ウッドチップコースに入って単走での追い切りだったのですが、終始、力み過ぎず、まずまずのリズムで駆けていたので、悪くない動きだったかなと見ていました。馬体重は470キロと、さほど前走から増えていない状態ではあるのですが、腹回りなどにはいつも以上に余裕があり、背っ垂れの目立つルージュが今はあまり目立たないんです。あまり立派すぎても良くないかもしれませんが、いい状態でレースへ向かいたいですね。今のところ、再来週くらいの競馬はどうだろうと思っているのですが、できるだけメンバーが薄かったり、頭数が少ない条件になってくれたりした方がいいでしょうから、芝の2400mという番組も含めて検討していくつもりです」(上原師)

いや、普通に牝馬限定の1800行きましょうよ。と思ったんですが、クラス編成直後でメンバーも揃いやすいんでしょうか…
でも現状を考えるとそういう変化も必要なのかもしれませんね。

ピオネロ
「水曜日はCWコースで追い切っています。使ってきているので、前半は無理をさせずゆったりと走らせて、6ハロンは85秒程度。追ってからの反応を確かめる意味で直線だけはビッシリと追いましたが、ラスト1ハロンは12秒2と力強く伸びてくれました。息遣いや体つきなどはもうできていますし、前走の内容からも、ここを勝ってクラス再編成を迎えたいところです。ジョッキーも東京の1800mは問題なく対応できると言ってくれていますから、きっちりと決めておきたいですね」(松永幹師)

無事に降級前最後のレースに出走確定しました。
引き続き武豊騎手が乗ってくれますし、実績のある距離ですから期待も大きいです。
降級前にもう1つ勝ってもらいたい!

ルヴァンカー
「先週お伝えした左前脚の外傷はもうまったく心配いりません。念のため先週一杯は無理をさせていませんでしたし、今週は坂路でビシッと追っておきました。時計自体は平凡に見えますが、元々それほど動くタイプではありませんし、きちんと負荷をかけておけたので良かったと思います。できれば前半ゆったりとした流れになりやすい東京で使いたかったのですが、2場開催ということで予想通り関東馬だけで埋まってしまいました。ここを勝って来週からのクラス再編成を迎えたいという4歳馬たちの思惑はみんな同じで、京都のメンバーはかなり強力になってしまいましたが、これまでのレースぶりからも成長は伺えますし、いい結果を期待しています」(小崎師)

やっぱり東京は無理で京都になりました。
距離短縮でテンも速くなりそうなので、逃げ馬よりは外枠で急かさずスッと流れに乗りたいですね。
勝って同条件となるためにも、1着がほしい!

ラッシュアタック
「帰ってきてからの調整はまずまず順調でしたし、引き続き今週もそれなりの時計を出して、状態を上げていければと考えていました。そんな中で、皇成サイドから乗せてほしいという依頼をもらい、調教もぜひ乗りたいという志願があったので、ジャッジをしてもらう意味でも今日は彼を背に追い切りました。ウッドチップコースで前を見ながら進め、終いを伸ばすようにしました。ちょっと手は動いていましたが、併走馬に大きく先着と、まずまずの動きを見せてくれていましたよ。上がってきた皇成に話を聞くと“以前よりも前捌きなどに素軽さは出てきているので、良くなっているかなと感じることもできました。ただ、やればやる分だけ良くなりそうですよ”と言っていました。そこで迷うのが、どのタイミングでレースへ向かうかですね。普通ならば東京開催という考えもあるのですが、場合によっては函館という選択肢もあっていいのかなと思います。もう少し仕上がり具合を見て、どうしていくか判断させてください」(菊川師)

調教からとはずいぶん気にかけてもらってます^^
疲れは抜けたみたいですから、成長を待つためにも1つ勝って余裕がほしい所です。

函館も三浦騎手に合わせてだと思いますが、今度こそ頼むよ!

グラツィオーソ
「先週の木曜日に無事帰厩しています。前走後、ちょっと疲れが出ていたのですが牧場でうまくリフレッシュできたようで、元気な姿で戻ってきてくれました。水曜日は坂路で併せて追い切っています。まだ馬体には緩さを感じますし、まずはここからしっかりと乗り込んでいきたいと思います。デビュー戦は既走馬相手ということもあってダートの1400mという条件を使いましたが、フットワークからは芝もこなせそうなので、それも考えながら復帰戦の番組を検討していくつもりです」(藤岡師)

「水曜日、追い切りに乗せていただきました。久々に跨りましたが、以前に比べるとだいぶしっかりしてきていますよ。体に余裕がある分まだ動きも重いですが、あまり動かない相手に併せたことであまり時計が出なかっただけで、手応えには余力がありましたし、やればもっとタイムは詰まってくると思います」(藤懸騎手)

ようやく戻って来れましたが、初戦がバラバラのフットワークだっただけに使った事と、じっくり乗り込まれてどれだけ変わってくれたかがカギになりそうです。
芝という選択肢も出てきているようですし、ダート向きだとは思っていますが、条件替わりで前進してもらいたいです。
スポンサーサイト

テーマ : 一口馬主 ジャンル : ギャンブル

22:39  |  キャロットクラブ  |  コメント(0)  |  Top↑

*Comment

コメントを投稿する

URL
コメント(必須)
パスワード  編集・削除するのに必要
秘密  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。