2017年04月 / 03月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫05月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  Top↑

2015.07.16 (Thu)

言い訳のできない完敗

7/16(木)
門別6R スーパーフレッシュチャレンジ ダ1600m
ミリオンウェイズ (佐々木騎手)
2番人気3着

「スタートはややもっさりしていましたが、その後は二の脚の速さでスッと2番手に付けることができました。道中は手応えよく追走していましたし、マークすべき相手を見ながらいい感じで進めていましたので、勝負どころから仕掛けてどれくらいやってくれるかと思いながら乗っていました。しかし、徐々にスピードを上げつつ3コーナーに向かったところトモがやや流れ気味になってしまい、スムーズに加速していくことが出来ませんでした。まだ馬体に緩さを残しているところがありますので踏ん張りきれなかったのだと思いますが、それでも最後の直線に入ってからも諦めずに走ってくれましたし、よく頑張ってくれました。今回はデビュー戦でしたし、まだ成長途上の馬ですから今後に期待したいと思います」(佐々木騎手)

「牧場でコンスタントに乗り込んできていましたし、馬体や動きから素質を感じさせる馬ですので、期待して送り込んだのですが最良の結果を出すことができず、大変申し訳ございませんでした。最後は勝った馬に突き放されてしまいましたが、それでも道中の走りや最後の直線でギリギリまで粘る根性を見せてくれたように収穫はありました。まだ成長途上で力が付ききっていない面がありますし、今日の経験を糧にまたひとつ成長してくれることでしょう。今後も牧場と連携してしっかり育てながら勝利を目指していきます」(廣森師)

強い勝ち馬を追いかけた分最後はきつくなりましたが、何とか3着に頑張ってくれました。
それにしても3秒近く千切られるとはね…

コメントを読む限りまだまだみたいですし、北海道にいる間にもっと大きく成長してもらいたいと思います。

続いて在厩馬達の近況を。

ゴットフリート
「帰厩後、順調に来ることができていますよ。さっそく動かし出していましたが、今週の追い切りは木曜日にしました。水曜日にできなくもなかったですが、今週は特に暑く感じる気候でもありましたし、あまり遅めの時間帯に強い調教を課すと負担になってしまうので、木曜日にスライドして朝一番で追い切っています。2歳馬の先導役のような形で馬場入りからゴットフリートが先頭を歩き、追い切りでも後輩たちが前に目標を置いて走れるようにと数馬身前を走るようにしたんです。ゴットフリート自身は単走でしたし、基本的には自分のペースで動かしたのですが、時計こそ馬場の影響もあって遅かったものの体を使ってしっかりと走れていましたし、いい動きだったと思いますよ。その後はゲートへ行って駐立の確認をしましたが、落ち着いて対応できていましたし、悪くないでしょう。体調管理に気をつけてコンディションを良いレベルに持っていけるようであれば、さっそく来週から競馬を考えていきたいと思っています」(斎藤師)

デビュー戦以来のコーナー4つのコースですが、勝負所でスッといける馬なのでむしろ向いていると思うんですよね。
最終週でも馬場状態が良ければ、きっと好勝負してくれると思います。

ラッシュアタック
「空港牧場ではじっくりと動かしながら疲労をしっかりと取るような調整をメインで行ってもらっていたようでしたし、札幌開催を目指していけるかどうかを考えたいと思っていました。先週の時点で牧場には1~2週間のうちに入れるかもしれないという旨は伝えてあったのですが、セリもありましたしラッシュアタックを直接見て確認してきたんです。馬の表情、様子は良く、これならば大丈夫ではないかなと思いましたので、今週入厩させていただくことにしました。競馬は札幌ですが、調教施設が札幌よりも函館の方があるので函館へ入れさせていただき、こちらで調整を進めていくつもりです。何とかしなければいけませんし、しっかり乗ってレースへ向かっていけるよう調整していきます」(菊川師)

札幌へ向けてという事ですが、レースはどこを選ぶんでしょうね。
出走可能頭数の関係で1800mの番組はありませんし、1500mか2000mか微妙な判断になりそうです。

運が無い馬ですが、本当に何とかしてもらいたいです。

クルーガー
「先週の木曜日に函館競馬場へ移動しています。昨日は少しビッシリとやっておきたかったので、池添騎手を乗せて函館競馬場のWコースで併せ馬を行いましたが、終いまでしっかりと動くことができており、良い内容の調教だったという現地からの報告を受けています。春から休んでいたので、さすがにまだ本来の出来にまでは及びませんが、ここまでは順調に調整することができていますし、追い切った後も今のところは特に気になるところもありません。この後の状態をしっかりと確認してからにはなりますが、早ければ来週、まだ物足りないかなと感じればその翌週の番組を目標にしていきたいと思います」(高野師)

待望の復帰戦がいよいよ見えてきました。
重賞3着の実績があれば500万下では大威張りだと思いますし、このまま何事もなく行ってもらいたいです。

でも2600mは向いているのかな…

アルフヘイム
「水曜日に坂路で追い切っています。数字だけを見ると終い12秒台で上がっているので、良く思えてしまうのですが、実際に乗っている方からすると終いは少し物足りないかなというのが正直な感想です。テンから行きっぷり良く動けているとはいえ、決して引っ掛かっているというわけではなく、抑えも利いているのでもっと伸びてくれてもいいのですが…。ただ、先週末から若干カイバは落ちているものの、休む前と比べても落ち着きが出てきていますし、体調自体も悪くありません。今度は1200mに距離が短縮されますし、持ち前のスピードを活かすことができれば良いレースを期待できるのではないでしょうか」(小川助手)

中京で出るなら1200mが良かったので予定通り決まってよかったです。
しかもルメール騎手って事で、初戦より抑えが利くとなおよしです。

マックスアチーバー
「今朝は併せ馬で追い切りをかけています。最後は少し遅れを取りましたが、強めに負荷をかけましたので、レースまでには更に状態も上がってきてくれると思います。先を考えてもこのあたりのクラスでは連勝を飾りたいところですし、期待通りの結果となるように頑張ってもらいたいですね」(出川師)

脚元が弱い馬なのでこうして続戦できそうな事が嬉しいです。
前走の勝ち方から期待しても良さそうですが、持ちタイムだけなら変わらない馬もいますからね。
シッカリ追ってどれだけ伸びるのか、その点を楽しみにしたいと思います。
スポンサーサイト

テーマ : 一口馬主 ジャンル : ギャンブル

22:07  |  キャロットクラブ  |  コメント(0)  |  Top↑

*Comment

コメントを投稿する

URL
コメント(必須)
パスワード  編集・削除するのに必要
秘密  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。