2017年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  Top↑

2015.09.10 (Thu)

年長馬達の帰厩

夏競馬が終わり在厩馬がめっきり少なくなったキャロット馬達ですが、5歳馬3頭ゴットフリート、ルベーゼドランジェ、クリソライトが続々と戻ってきて秋競馬へ向けての調整が始まります。
クリソライトはしっかり休んで良い休養になったみたいですし、力の差を感じさせられた帝王賞のリベンジに向けて川田騎手との新コンビで頑張ってもらいたいです!
(豊さんはリッキーに獲られました(泣))

そして、やばいと思っていたこの子は先が繋がりました!

ウォークロニクル
「先週に引き続き坂路調教を取り入れていて、日によってはハロン15秒くらいのペースでも動かしています。ただし、体に関してはまだ良いとは言い切れない状況で、正直今月中にいい状態で出走させるということはちょっと難しいと言わざるを得ません。10月以降ならばまだ何とか態勢は整えていけるのではないかと思っていますし、もう少しお時間をいただきたいのが本音です」(天栄担当者)
前走後は回復を図るように調整に取り組んでいただいていましたが、まだ万全と言える状態には遠いようです。使うことは可能かもしれませんが、おそらくただ使うだけになりかねず、良いパフォーマンスと良い結果を期待するのは難しいと言わざるを得ません。しかし、初戦で2着に来たように素質の高さを感じさせていた本馬です。このまま現役続行を諦めるのはもったいないという気持ちもあるため、鹿戸雄一調教師と協議を行った結果、地方競馬へ転出して条件をクリアすれば中央競馬への再出発を狙う考えです。転出先については状態を見ながら検討していく予定です。

もう少し時間が?てことは…とショックを受けながら続きを読むと、なんとなんと地方に転出できる事になりました。
体が無い馬ではありますが血統だけならダートでも走れる馬ですから、しっかり立て直してもらって元気な状態で地方に行ってもらいたいと思います。

あとは馬体、気持ちのケアに長けた先生の所に行けるよう願うばかりです。

残りの在厩馬達の近況を。

ピオネロ
「今朝は台風の影響で馬場はかなり重くなっており、さらに荒れてきた後半の時間帯での追い切りにもかかわらず、ラスト1ハロンは12秒2という鋭い伸びを見せてくれました。もともと調教は動くタイプですが、道中もリラックスして走れているようでしたし、いい仕上がりでレースに臨めそうです。今朝もシャドーロールを着用して追い切っていますが、決してマイナスにはなっていないようですし、レースでもつけようと思っています。どんな競馬でもできるようになっていますし、開幕週の馬場もプラスでしょうから楽しみですね」(松永幹師)

今週末唯一の出走馬となりますが、前走で久々に前に行きましたから今回もペース次第で良い位置から運べたら十分チャンスもあるでしょう。

ハープ引退後の現在うちのNo2を張っていますから、オープン入りして名実ともに4歳世代のエースになってもらいたいです。
オープンに上がれたら上がれたで相手なりに運べると思うんですよね~。

ブランダルジャン
「先週、期待を持って臨めたレースだっただけに正直歯がゆさばかりが募ってしまいます。会員の皆さんには本当に申し訳ない気持ちでいっぱいです。ブランダルジャンに対する期待はもちろん高く、そしてここに来てまた力をつけてきて遅咲きと思っていたものがようやく表れてきているように思うんです。機会的にはウチパクが乗ってくれた後からさらにグッと変わってきたのかなと思えたので先週は是が非でも勝ちたかったのですが、立ち回りの差で負けてしまいました。もちろんジョッキーを責めているわけではないんですよ。ましてや競馬は1頭でやるものでもないですから致し方ない部分もあるのですが、勝てるだけの素質を見せているのだから本当に歯がゆい。もちろんチャンスは得ましたから、それを何とか結果につなげていかなければいけないと思っています。レース後の状態はというと走ったなりの疲れはありますが堪えているというほどではありません。強いて言えば左の腕の外っ側に傷があることでしょうか。おそらくゲートでガタガタしたときか、もしくは馬房内で擦ったものかで軽い外傷があるのですが、それが歩様に出るなど悪影響を及ぼしているようには見せていませんので、そこまでの心配は要らないはずです。もちろん油断はしないでしっかりと接していき、来週以降のレースへ向かっていきます。これまでのレースっぷりから芝がベターかと思いますが、おそらく番組構成上、来週の芝2000mに有力馬が集まって来ることでしょう。一方でダートは分散するでしょうから、いちおう来週の2000mを見つつあまりにも…と言う状況に思えれば来週以降のダート1800m戦も含めて考えていくつもりでいます」(勢司師)

あー、確かに番組が少なすぎて相手がそろいますかね…
ダートスタートのダートは試していませんから、グリーンのデザートみたいに変わってくれる可能性に賭ける手も。

地方転出もあるとは思いますが、自力で決めて安心させてもらいたいです。

セレブレイトソング
「この中間も順調に乗り込んでいます。まだ馬体はスッキリすぎるかなという印象なので、時計になる調教は週末あたりからと考えています。レースについてですが、3週目となると札幌から帰ってくる馬も出走してきて、権利を持っているとはいっても混雑してきますから、来週から考えていった方がいいでしょう。鞍上は前走に引き続き和田にお願いしていますが、今回はラストチャンスということで、しっかりと集中させるためにジョッキーと相談をして、ブリンカーの着用も検討しているところです」(平田師)

和田騎手で継続!
ブリンカー&和田騎手の気合い注入で前向きさが出てくれば良いですね。

荻野騎手が動かしきれなかった1800になりますが、テンの流れは落ち着くでしょうしスッと先行から押し切ってもらいたいです。

クラリティーアイズ
「帰厩後、体調自体は悪くないのですが、ちょっとカイバ食いが安定しないようなところがあるので、今朝の追い切りも終始馬なりでサッと乗りました。終いを少しでも伸ばすとそれでスイッチが入ってしまうので、全体を57~8秒程度でと指示を出したのですが、ちょうどそれくらいの時計でいい感じで走ることができていました。これがいいガス抜きになってくるでしょうし、調教後のカイバ食いや馬の状態を見て、今後の調整メニューを考えていきたいと思います。今のところは予定どおり、3週目のマイル戦へ向かうつもりです」(池添学師)

初戦が頑張ってくれていましたから、2戦目でどんな走りをしてくれるか注目しています。
注目度が去年とは段違いの池添先生ですが、腕はあると私も思うのでレースの方が楽しみです^^

フェザリータッチ
「ゲート練習を開始してからは本当にスムーズに進めることができていましたし、今朝ゲート試験を受けたところ無事に合格することができました。寄り、駐立は問題ありませんでしたし、発馬は速い方だったと思います。この後については、もちろん馬の状態を確認しながらにはなりますが、いったん放牧に出してリフレッシュさせてあげることも検討しています」(高島助手)

本日無事にゲート試験を突破!
このまま進めるものかと思っていたんですが、この感じだと放牧ですかね~。

京都は微妙かなあ…と思うので、阪神でデビューしてもらいたいのですが…
スポンサーサイト

テーマ : 一口馬主 ジャンル : ギャンブル

21:58  |  キャロットクラブ  |  コメント(0)  |  Top↑

*Comment

コメントを投稿する

URL
コメント(必須)
パスワード  編集・削除するのに必要
秘密  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。