2017年04月 / 03月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫05月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  Top↑

2015.10.02 (Fri)

かなり重傷みたいです…

先週末骨折と更新されたシラーグランツの詳細が明らかになりました。

シラーグランツ
「レントゲン検査の結果、縦に約8cm程の骨折線が確認できたことから、患部をボルト4本で固定する大手術を施しました。術後の経過はいまのところ良好ですが、移動の許可が下りるまでの約7~10日間はこのまま入院馬房で経過観察をおこないます。その間の診療で、競走復帰までにかかる日数もおおよそ分かってくると思われますが、患部を固定している4本のボルトのうち2本は12月に抜く手術をまた施さなければなりません。アクシデントでデビューの時期が遅れてしまうことになり、会員様には大変申し訳ない気持ちです」(牧田和弥調教師)

こんなに入院馬房に長期間入っている子は初めてですし、ボルト4本で後で2本抜くというケースも初めてです…
となると、17秒ペースでなんでそこまでひどい事に?と思ってしまうんですが、他には本当に何も無かったんでしょうかね~。

来年春どころか夏になってしまいそうな予感もありますが、無事に回復してデビューできる日を楽しみに待ちたいです。

落ち込んでばかりもいられないので、気を取り直して在厩馬近況を。

ピッツネイル
「山本騎手を背に他厩舎の馬と併せて障害試験を受験し、北障害芝コースで8ハロンから併せ、114.7-52.4-39.1-13.8を馬ナリで併走馬に0.2秒先着する内容で見事に一発で合格しました。標準的なタイムではありますが、練習通り丁寧に真っ直ぐ飛越でき、障害センスを感じる試験内容でした。これでいつでも障害デビューできますのでひと安心です。今週末からは平地の調教に切り替えて、予定通り10/24(土)東京・3歳以上1000万下(ダ1400m・牝)に向けて調整を進めていきます」(清水英克調教師)

愛馬初の障害試験合格馬となったわけですが、次走は平地を予定しています。
そこで結果が出せないようであれば、見切りを付けてという感じになるのでしょうか。

でも、障害練習で一変したりする馬がいるのも事実ではあるので、平地でも一発ないかなとちょっと期待してたりします(笑)

グランノーヴァ
「輸送も問題なく無事に到着しています。2歳の暮れに骨折、手術歴があるので、念のため脚元を中心に入念にチェックさせていただきましたが問題ありませんので、今日から馬場入りし軽めのキャンターまで行いました。キャリア3戦で上積みが見込めるので、今後の変わり身が非常に楽しみです。トモにもう一回り筋肉が欲しいので、強化できるような調教メニューを組んでいきます。前に前にいく癖をつけさせ、なるべく早く中央にお返しできるよう頑張ります。前走は枠入り不良ということですが、発走試験を課されることはありませんので、順調にいけば今月20~23日の開催で出走する予定です」(今津博之調教師)

思いのほか早く移動して早速次走予定も出ています。
競馬に対して前向きさが出てくれれば変わってくれると信じていますし、トモの強化に重点を置いたメニューを組んでもらえるようなのでその効果にも期待です。

前のままの状態で戻ってきても500万下では勝負になりませんから、短い間隔でドンドン走る地方で前向きさが出てくる頃に勝って戻ってこられれば良いかなと思っています。

エスカラード
「併走馬が準オープンとは言え、ここのところ結果が出ていない馬なので額面通りの評価はできませんが、時計は詰めてくれましたし、相手が脱落して抜け出してからもしっかりと走れていました。跨った鞍上からは『癖もなくて乗りやすいですね。こちらの指示にもしっかりと従ってくれましたし、どんな形のレースでも対応できそうですよ』と良い感触を掴んだ様子です。ゲートも標準よりは速めですし、良い位置で運べるのではないかと思っています。仕上がりも良好なので初戦から良いレースを見せてほしいですね」
(鈴木孝志調教師)

久々に愛馬のデビュー前調教映像が見られましたが、シュッと伸びる感じは無いものの力強さを感じる走りだったと思います。
そんな俊敏にスッと好位に付けてサッと抜け出してくるイメージは沸きませんでしたが、先生のコメント通り行ってくれて嬉しい誤算となれば良いですね。

クリプトスコード
「今週は嘉藤騎手を背にウッドコースで追い切っています。斤量が軽かったこともあるとは思いますが、まずまずの動きを見せてくれました。先週よりは確実に良くなってきていますよ。ただ、体のわりにはまだしっかりしきれていない感じは拭えませんので、その点は使いながらカバーしていきたいところです。これまで芝で2戦しましたが、レース内容や馬体、動きからすると、短めのダートがこの馬に合っている印象ですので、10/10(土)東京・2歳未勝利(ダ1300m)に2キロ減の石川騎手で向かいます。最近は腕を上げていますし、減量の利点を生かして上手く乗ってくれることを期待しています」(田島俊明調教師)

騎手が乗って一杯に追って自己ベストを更新してきましたが、まだまだ平凡?という感じでしょうか。
次走はダートに変わるみたいですし、減量特典と適性次第では前進してもらえたら。
スポンサーサイト

テーマ : 一口馬主 ジャンル : ギャンブル

22:34  |  ノルマンディー  |  コメント(0)  |  Top↑

*Comment

コメントを投稿する

URL
コメント(必須)
パスワード  編集・削除するのに必要
秘密  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。