2017年04月 / 03月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫05月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  Top↑

2015.10.26 (Mon)

ルベーゼドランジェありがとう!

2日間の現地観戦、懇親会を終えて帰宅したところで結果は明日触れようかと思ったんですが、この馬だけは先に触れておきたいと思います。

ルベーゼドランジェ
CIMG2607.jpg

「スタート後すぐに膝をついてジョッキーを振り落としてしまいました。その後カーッとしてしまったのか、ゴールに入線後、ラチを飛び越えて転んでしまったんです。無事でいてくれ、と願ったのですが、転んだ時に背中と腰骨を損傷してしまっており、これ以上は馬を苦しめることになるため、助けることができませんでした。思い出も多すぎて今はまだ何と言えばいいか分かりません。ただ、このようなことになり、会員の皆様には大変申し訳ない気持ちです」(小崎師)

私の初年度世代というだけでも思い入れのある1頭で、さらには脚元の弱さからデビューも諦めかけた所からオープンまで到達するという、愛馬を信じて諦めずに応援する事の大切さを教えてくれた馬になります。
次走以降はどこを走るか分かりませんし、今回はそんな功労馬の応援も最後かもしれないという思いで応援に向かいました。

それがまさか最後の姿になるとは思ってもみませんでした…

スタートで躓き、先頭で駆け抜ける所までは正直ショックではありましたがこの馬に関しては一度諦めてしまった負い目があるためここまで来てくれただけでもありがたいと思っていたので、どこか微笑ましい気持ちで見ていました。
もちろん、その前提には故障以外のスタート直後の落馬はたいてい大事にはならないと思い込んでいたからでしたが…

無事にゴールまで到達するのを見届けて、パトロールビデオを見に行っている最中に事故は起こってしまったようです。
幸か不幸かその現場を見ておらず夕方の更新で事故を知ったため、現実という事を理解できず亡くなってしまったというよりはいなくなってしまったという感じで悲しいというよりは寂しいという感じでした。
今でもどこか実感が湧かない自分がいますが、現実は現実として受け止め冥福を祈りたいと思います。

脚元が弱く気性面でも課題を抱えと苦労する馬だったでしょうが、牧場、厩舎と手をかけてここまで育ててもらった事には本当に感謝しています。皆様、ありがとうございました!

シャイニングタイムの死から大分経ち、無事に走りきる事が当たり前のように思っていたのかもしれません。
これからは無事に走りきってくれる事を願いつつ、愛馬達の応援をしていきたいです。

ルベーゼドランジェ、たくさんの楽しい思い出をありがとう!
スポンサーサイト
00:12  |  レース後とか色々  |  コメント(0)  |  Top↑

*Comment

コメントを投稿する

URL
コメント(必須)
パスワード  編集・削除するのに必要
秘密  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。