2017年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  Top↑

2015.11.29 (Sun)

後半2つが残念でした…

11月最終週は着順を見るとスッキリしない感じに。
まあ1つ勝つのも大変ですから、4週連続はさすがに無いですね(^_^;)

11/29(日)
京都3R 2歳未勝利 芝1800m
ロードヴァンドール (四位騎手)
5番人気4着

またもや逃げる事になりましたが、今回は絡まれずに行けてあとは上がり勝負を制す事ができればという展開に。
まあ京都の良馬場でディープ産駒に勝てる訳もなく、速い上がり勝負では分が悪い事がわかりました。

それでももうちょっと上がりがかかるコース、展開ならすぐにでも勝ちあがれそうな能力は感じたので、京都&王道路線にこだわらずとりあえず一つ勝たせてあげてください。

東京3R 2歳未勝利 芝2000m
グースベリー (丸山騎手)
11番人気5着

「いい形で運ぶことができていたのですが、最後はさすがに粘り切ることができませんでした。あと一歩だっただけに悔しいです。ただ、今日の相手が揃った中で頑張れていましたし、左回りの走りもスムーズでしたね。まだゲート内では突進したり、動いたりと少し怪しい部分はあるので、今日くらいの距離で競馬に慣らしていければと思います」(丸山騎手)

「今回は狙ったことがいい方に出てくれたので少しホッとしています。ゲートは時々波があるのかもしれませんが、上手く出てくれましたし、良い形に持ち込めましたね。口向きについては、今回は大丈夫でしたから良い経験にもなりましたね。本当はここ使わずに中京を目指しても良いかなと考えましたが、トレセンで長い時間をかけて追い込みすぎるよりは良いかなとも思って今週の出走を決めました。ここを使ってさらに上向いてくれたらと思っています。今後については左回りの中京が一番近いところでの目標になるかなと考えていますが、年末の開催か年始の開催かはよく馬を見て判断していきます」(大竹師)

スタート後ちょっと狭くなった時にはヒヤッとしましたが、今日は初戦とは違い普通に走れていましたね。
直線で交わされた時も大丈夫かなと心配したものの、最後まで頑張って掲示板を確保してくれましたし、初戦とは雲泥の差で今日の競馬には大満足でした。

左回りというのもあるのかもしれませんが、道中の感じを見ても牧場、厩舎でジックリ取り組んでもらえたのが大きかったのだと思います。
先が見える競馬をしてくれて嬉しかったですし、感謝の気持ちで一杯です。

まだまだ手間がかかるでしょうが、これからも初勝利に向けてよろしくお願いします。

東京6R 3歳上500万下 ダ1600m
ハイアーレート (吉田豊騎手)
3番人気8着

「まわりの動向を見ながら進めました。前へ行ければ良いかなとは思いましたが、主張する馬がいたので控えたんです。いつもならあそこでガツンと噛んでしまうくらいなのですが、今日はスンナリとおさまったんです。形としては決して悪くはないのでしょうけれど、この馬にしては乗りやす過ぎるんです。ブリンカーの効果は感じられたのですが、この馬らしいエネルギーが物足りなかったので、何か気にしているのでしょうか…。何もなければ良いのですが、なくても長い目で少しずつ良い頃に戻していきたいです。背中の良さはこのクラスにいる馬ではないので、何とかしたいです」(吉田豊騎手)

「体つきを見ていただいてもわかったと思いますが、仕上がり自体は良く、装鞍も洋吉先生の時と同様に厩舎装鞍にして落ち着いた状態でレースへ臨めたように思います。レースですが、う~ん…。よく知る豊ジョッキーの話からするにグッと来るところが物足りなかったと言っていましたし、そう考えるとレース前も大人しすぎたのですかね…。ただし、レース後に鼻出血の症状を出すようなことはなかったですし、単純な休み明けと捉えられればいいのかなという気もしています。変な言い方ですが、もし内臓面や精神面が悪くて失速するのならばもっと下がって負けるのではないかという見方もしていたんです。それを際どい8着争いを制してくれたくらい粘りを見せていたわけですから、ほんのちょっとでも闘争心が見られたことはプラスだと思うんです。特に内面ですが負担をかけすぎないようにしながら、少しずつでも好調時に戻していければと考えています。このあとに放牧を挟む挟まないは状態次第で考えますが、たとえ出したとしても競馬の感覚を忘れないうちに走らせてあげて、ちょっとずつ気持ちを戻していきたいです」(尾関師)

パドック映像では以前と比べてトモの存在感に欠けるようなという印象でしたが、久々の分もあるのかもと特に心配も無くレースを待つ事に。
内枠だったせいで脚を使わされてしまいましたが、そこからは終始スムーズでこの馬の現時点での力は出し切れたと思います。
休養前の絶好調の時でも今日の流れなら切れ負けしていたでしょうからね…

そういう意味では長期休養明け初戦としては頑張ってくれていますし、この後も問題が出ず次のレースに迎えるようなら更なる前進をしてもらいたいと思います。
尾関先生の体調管理に関しては上手いという印象があるので、上手く導いてあげてください。

上がりが速いとしんどいので、ぜひ中山で!
休養前の成績が悪いのは東京にこだわって、使い込んでボロボロの状態で中山を迎えていたからだと思っていますから…

京都8R 3歳上1000万下 ダ1900m
レッドルグラン (アッゼニ騎手)
2番人気5着

「スタートから出して行って、指示通り前目のポジションにつけることができましたが、向こう正面で外から馬がきてペースが上がった辺りから手応えが悪くなり、そこからは追い通しでした。もっと後ろまで下がってしまうかと思いましたが、直線もバテずに粘ってくれましたし、次走に繋がる競馬はできたと思います」(アッゼニ騎手)

凄い残念part1です。
馬券圏内を外すなら少頭数で上がりが速くなった時だと思っていましたが、今日のような流れで終い踏ん張れないとはショックでした…

うーん、出して先行すると終いが甘くなるのかもしれないので、勝った時のように道中押し上げる競馬の方が良いのかもしれませんね。
メンバー的にはもっと良い勝負できると思っていたので、ショックでした。

京都9R 白菊賞 芝1600m
クラリティーアイズ (武豊騎手)
4番人気7着

「スッと前に行けたし、いいペースで運べたと思ったのですが、ちょっと力んでいた分最後まで我慢しきれませんでした。馬場入りからかなりテンションが高かったので、もう少し気性面の成長は欲しいですね。きれいなフットワークの馬なので、もっとパンパンの良馬場の方がいいと思います」(武豊騎手)

「相変わらずテンションの高いところはありましたが、今日は前回と違いパドックの外々をしっかりと周回できていました。ただ、レースではスタートが良くてこの枠順でしたし、押し出されるような展開になりましたね。道中で脚を溜めることができず、粘りを欠いてしまいました。申し訳ありません。この後については、こういう気性の持ち主でもありますし、一度リフレッシュさせることも検討しています」(池添学師)

凄い残念part2です。
テン乗りで仕方ないのかもしれませんが、豊さん、逃げちゃダメですよ…
無理に引いてガチャガチャやるよりは良かったのかもしれませんが、負けるにしても不完全燃焼な一戦でした。

ペース云々よりは前走のように馬の後ろに入れられないと脚が溜まらないみたいですね。
切れる馬が何頭かいたので末脚勝負でどこまでやれるかを見たかったのですが、先行するとやっぱり甘くなるというのが分かっただけでも良しとしましょう。

次走では抑えてもらって末脚を活かす方向でお願いしたいです。
スポンサーサイト

テーマ : 一口馬主 ジャンル : ギャンブル

23:32  |  レース後とか色々  |  コメント(0)  |  Top↑

*Comment

コメントを投稿する

URL
コメント(必須)
パスワード  編集・削除するのに必要
秘密  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。