2017年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  Top↑

2016.01.24 (Sun)

散々な結果に

戦前から嫌な予感がする面子でしたが、上位人気に推された面々はことごとく惨敗し、勢いもここまでかなという週末に。
まあスタートダッシュを決めて心にゆとりがあったのでこんな日もあるさぐらいに思ってたんですけど、ケガだけはかなりショック…

1/23(土)
中京2R 3歳未勝利 ダ1400m
ララパルーザ (藤岡康騎手)
3番人気7着

「スタートが上手くいって前々のポジションを取りにいきましたが、内外から挟まれ、砂も被ったことで行きっぷりが悪くなってしまいました。道中も気難しい面を出し、思ったように進んでいってくれませんでしたが、直線では十分手応えが残っていて、諦めずにしぶとく走ってくれましたよ。将来的にはこの位の距離適性になると思いますが、まだまだ前輪駆動でトモが緩く、うまく前と後ろが連動して走れていないので忙しい気がします。現状では大きなフットワークを生かせる広いコースでマイル以上の距離が合いそうですね。最後までしっかり追いましたので、次走は変わり身を見せてくれると思います」(藤岡康太騎手)

初対面のパドックでしたが、目はあんまりやる気は感じなかったものの力強く歩けていましたし、この面子なら案外やれるんじゃ…と思ったレースでした。
でもレースの方は内枠が災いして、砂を被って下がっちゃうので厳しいレース運びを強いられていました。
執拗に外から来ていた馬がいなければ、もっと上を狙えたと思います。

結果は残念でしたが、砂をかぶらければやれる!というブラゾンと同じような印象を抱きましたし、やっぱり好みの子だったので無理して見に行って良かったなと思います。
初勝利目指して頑張って!

京都6R 3歳500万下 ダ1200m
ジュエルメッセージ (川田騎手)
3番人気6着

「1200mには対応。気性面の成長も感じられました。ちょっとペースが速かったのは確か。ただ、直後の馬が4着に来ているだけに・・・。だいぶ恵まれたメンバー構成。それを考えると、もう一踏ん張りして欲しかったですね」(川田騎手)

「後方に構えた組が上位に来る展開。結果的に前々で運んだ分、最後に息切れしたのかも知れません。望むような着順とは言えぬものの、競馬の形としては悪くない感じ。少しずつ前進している点は評価したいですね。ひとまず厩舎へ戻って状態を確認。その上で新たなプランを検討しましょう」(高野調教師)

行きっぷりが良く行けるかなと思ったんですが、ちょっとペースが速すぎたみたいですね。
頑張って走ってはくれたので、昇級初戦としてはOKでしょう。

中間の写真でも思ったんですが、馬自体が良くなっているようにパドック映像で感じたので、これから良くなってくれるのかなと期待しています。

中山10R 初霞賞 ダ1200m
ウォリアーズソウル (蛯名騎手)
2番人気9着

「奇数番で早めに枠入りしてからはずっと前掻きしたり潜ろうとしたり、具合が良いもんだから今日は返し馬やゲート裏でも余計なことばかりしていましたね。スタートしてからは初めて体験する速いタイムに戸惑ってフワフワしっぱなしで、こちらのサインにまったく反応してくれませんでした。少しペース慣れが必要なのと、この先は上を目指すためにもっとタメて終いに脚を使う競馬を覚えさせていった方がいいかもしれません。能力的にはこのクラスでも十分やっていける馬ですよ」(蛯名正義騎手)

条件が揃ったので昇級初戦でもと期待してたのですが、付いていけて無かったですね。
このクラスになると速い馬が多いですから、しょうがない事ではあります。

1000万下というクラスで私も心にゆとりがあるので、徐々に前進してもらえるよう見守っていきます。

京都10R 若駒S 芝2000m
レインボーフラッグ (小牧騎手)
6番人気5着

「1600mを使っていたのでスタートも良く少し行きたがりましたが、すぐに折り合いが付き問題はありませんでした。有力馬は決め手のある馬達でしたので、早々に交わされないよう4コーナーで後ろを振り返りつつ動いて行ったのですが、今日の相手との瞬発力勝負では厳しかったですね。ある程度融通は利きそうですが1600~1800m辺りがベストかもしれません。返し馬も大分良くなりましたが、競馬では今日も真面目に走ってくれました。2戦目としては良く頑張っています」(小牧騎手)

「このメンバーの中でどういう競馬が出来るか楽しみにしていましたが、瞬発力勝負で厳しくなってしまいました。でも、折り合いも付いて真面目に走れていましたし、少しずつ競馬を覚えてきているようです。今後については厩舎に戻ってからの様子を見て検討します」(小崎調教師)

帰ってきて大きい画面で映像を見たら小牧騎手振り向きすぎですって(笑)
想像以上に走ってくれないかなという期待もあったんですが、切れ味勝負の本職方には通用しなかったですね。

それでも33秒台の脚を使っているように決して力が無いわけでも無いので、もうちょっと平均ペースぐらいなら上を目指せるかもという手応えのある1戦でした。
それにまだまだこれからの馬ですから!

京都11R 太秦S ダ1200m
サフィロス (ルメール騎手)
4番人気11着

1/23
「すごくいいスタートを切って、出たなりですんなり前に行けました。道中は無理せずスムーズに運べたのですが、直線追い出すと思ったほどの反応がなく、苦しくなってしまいました。砂を嫌がるわけではありませんが、芝で後ろから脚を溜め、馬群を捌いて終い勝負、というようなレースの方がいいように思います」(ルメール騎手)

「思っていたようにキックバックを気にすることなく走ることができていましたし、内枠が仇となることなく走ることができていて、これならと思いながら見ていました。しかし、直線でトップスピードを求められると伸び切れず踏ん張れず後続に交わされてしまいましたね。キツいのか…と思って見ていたのですが、レース後に左前脚の歩様を気にしていたんです。診療所で獣医さんに診てもらったのですが、その時点で顕著な異常は見られないということでした。ただ、抑えるような格好をしていたんです。落鉄していたので、もしかしたらその影響で気にしてしまったのかもしれませんし、走ることができなかったのかもしれませんからダート適性云々も含めて現状は何とも言えませんが、まずはこのあとの変化をよく見る必要があります。ご心配をおかけして申し訳ありませんが、消炎剤でまず痛みを和らげて美浦に連れて帰り、様子を見たいと思います」(手塚師)

1/24
「美浦に戻して改めて様子を見て獣医師にも診てもらいましたが時間が経って不鮮明というか線が入っているように見えるとのことでした。左膝部分の骨折の疑いがありますし、痛みもあって馬も気にしているので、まずは安静にして経過を観察していきます。ここ最近は不安らしい不安を見せずに順調に使えていたのですが、このようなことになってしまい誠に申し訳ございません」(手塚師)

快速揃いの面子でかなり良いスピードを見せてくれて、おぉ!?と思ったんですが直線は全然で…
今日になって骨折の可能性も浮上したので、そのせいもあったのでしょうか。

今年の飛躍を期待していただけに残念ではありますが、オープンでもやれるだけの素質を秘めた馬なので何とか軽症で済むよう願っています。
あの行きっぷりを見てしまうとダートでも期待できそうですから…

京都12R 4歳上500万下 芝2000m
レッドカイザー (酒井騎手)
6番人気2着

「厩舎スタッフがいい状態に仕上げてくれましたね。返し馬でのハミ掛りも良かったので自信を持って競馬に向かえました。去年夏の小倉で捲くるような競馬をして2着がありましたが、その次のレースではその作戦が通用しなったので、今日は我慢させて次につながる競馬をしようと考えていました。道中はある程度ハミを噛ませながら進めましたがガツンと掛かる感じもなくスムーズに運べたように思います。いい手応えのまま直線に入りましたが追い出してからも沈み込む感じではなく、逆に上にフワーッとして反り返る感じだったのでフォームを立て直して追いました。そこからは気を抜かず最後までしぶとく伸びてくれましたが、今日は勝ち馬が強かったです。前走騎乗した川須騎手も話していましたが最後に坂がないコースが合っていると思います」(酒井騎手)

思ったよりも豊さんのペースが遅かったみたいですが、その流れの中でよく頑張りましたよ!
上がりも恐らく自己ベストじゃないでしょうか。

まだまだ気性面に課題は残りますが、中間の稽古通り上向き傾向にあるのは何よりです。
これで得意の小倉で続戦なら期待できそうですが、そういう期待度が上がった時に凡走するのがカイザーらしさだったり(笑)

1/24(日)
中京3R 3歳未勝利 ダ1200m
パラヴィオン (横山和騎手)
15番人気14着

「抑える競馬をと言われていましたが、最内枠で揉まれるのはどうかと思っていましたし、あまりにスタートが良くスピードの乗りもいいので、ある程度のポジションを取りにいきました。最初のコーナーで砂を被るとブレーキがかかる感じで嫌がってしまって…。普段の稽古で砂を被ったりなどの経験を積めば、次走は変わってきそうな雰囲気はあります。実戦で良さを生かしてあげられなかったのが残念です」(横山和生騎手)

出たなりで無理に抑えるのも…ならまだ理解できますが、押してまで先行したのは意味不明です。
内枠で揉まれたらって初騎乗で嫌がるかどうかも分からない状況で、やってもいないのに何を勝手に判断してるんですかね。
詰まったら詰まったでしょうがないって腹を括って乗ってもらいたかった。

前回でひと脚しか使えないかもと言われて後ろからの競馬を試す予定だったのに、前走と同じような競馬をしてたら何の意味もないですよね。
馬に力が無いのは確かですが、試行錯誤しながら前進していこうという状況の中で短めの距離はいつ使えるかも分からないのに、無駄な1戦にされて本当に最悪です…
スポンサーサイト

テーマ : 一口馬主 ジャンル : ギャンブル

22:06  |  レース後とか色々  |  コメント(0)  |  Top↑

*Comment

コメントを投稿する

URL
コメント(必須)
パスワード  編集・削除するのに必要
秘密  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。