2017年05月 / 04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  Top↑

2016.05.05 (Thu)

再び散々だった一週間

ふらふらと遊び歩いていて既に今週の出走馬も確定していますが、触れていなかった先週の結果から。
惨敗する可能性もある面々でしたが、良い所なしの馬があまりにも多くショックでした…

パラヴィオンは引退するし、地方馬は惨敗3連発だし、地方OWの子は全治10か月の骨折しちゃうしと悪い流れが一気に来た感じです。
例年5月は好調月なはずなので、これで終わりで週末で流れが変わることを期待したいです。

4/30(土)
東京7R 4歳上500万下 芝1600m
ウォークロニクル (田中勝騎手)
10番人気8着

「スタートですが、今日はちょっと落ち着きすぎたような感じでボーッとしてしまいましたね。ただ、ゲートの中の練習をしっかりしていた経緯を考えると致し方ないのかなとも思います。レースのペースを考えても今日は参考外とも言えるのかもしれません。印象としては最後に求められる速い脚がなさそうで早めに押し上げていかざるを得なかったですしね…。流れに乗った競馬ができていればまた違ったかもしれませんから、見直してあげられればと思うんです。もしかするともう少し距離があってもいいかもしれませんが、今日だけでは判断が難しいのが正直なところです。申し訳ありません」(田中勝騎手)

「まずは金曜日に行ったゲートですが、練習の効果もあって悪さをすることはありませんでした。それで無事に出走することができました。予定が延びたこと、ストレスがかかりやすいゲートの取り組みをした後だったので馬体減りを心配したのですが、わずかな減りで何とか済みました。キリキリしてきそうだったので何とか保てたかなという印象です。レースですが、ポイントはやはりゲートになりましたね…。ただ、駐立はおとなしくしていました。中だけが問題だったので、馬への負担を考えても駐立の練習を徹底していたんです。その分、悪さはしないけれど落ち着き過ぎて出はモッサリとしてしまいました。そのうえペースが遅かったものですからいろんなことが噛み合いませんでしたね…。勝春もペースを読んで早めに押し上げていきましたが、その影響か、直線の坂を登ってからは脚色が鈍ってしまいましたね。体質面、気性面を考えると使い込みにくい馬なだけにここで決めたかったのですが、申し訳ありません。展開やレースの仕方などが違えば結果もまた違ったような気がしますし、巻き返すことができるようにしていきたいです」(鹿戸師)

体は思ったよりキープできていたので一発無いかなと思いましたが、スタートで終了でした…
それでも手応えありそうな感じで直線に向いた時には見どころがありましたし、なんとか使いつつ良くなっていってくれればチャンスがありそうな中央復帰戦でした。

あまり長い脚を使うような印象も無いので、違うコースでの走りも見てみたいですね。

京都8R 4歳上1000万下 ダ1200m
チーフアセスメント (岩田騎手)
5番人気2着

「スタートから揉まれることなくいい位置で競馬ができました。勝ち馬に並びかけるところまではいかなかったですが、いい競馬ができたと思います。今日はメンコをつけていましたが、なくても大丈夫だと思います」(岩田騎手)

「このところなかなかスムーズな競馬ができなかったのですが、今日はジョッキーが上手くなってくれたこともあり、力を出せました。優先出走権もとれましたので、この後は5/28(土)京都・ダート1200m戦へ向かおうと思います」(五十嵐調教師)

後ろから行くかな?とも思ったんですが、5分のスタートから揉まれずに運べた良いレースでした。
スムーズならこのクラスでもやれるだけの力があったのは何よりです。

次も同条件ですし、同じようにスムーズにいくようなら楽しみです。

ここまではまだ40口で1000万下2着なら上々というか、通用して良かったなという思いでいられたのですが、ひどかったのはこれからです(苦笑)

京都10R 下鴨S 芝2000m
ピオネロ (岩田騎手)
5番人気8着

「うーん…失敗しました。結果論ですが、向こう正面で動いた時に捲り切ってしまえば良かったです。どちらかというと長く脚を使うと言うよりも一瞬の脚がいいタイプのようですね。素直な馬でこちらの指示にもスムーズに反応してくれて、どんな競馬でもできそうですが、できれば広いコースの方がいいように思います」(岩田騎手)

「成長してきた今なら克服してくれるのではないかと期待していましたが、レース前に少し懸念していたように、京都の内回りコースはあまり良くないようです。ジョッキーも早めに進出してレースを動かそうとしてくれたのですが…。申し訳ありませんでした。条件面でやや注文が付くタイプではありますが、なんとか力を引き出せるようにしていきたいと思います」(松永幹師)

なんか中途半端な競馬したなあという印象だったのですが、コースも合わなかったのか直線は全然でした。
現級でも何度も馬券圏内はあるんですけど、ここにきて安定感がなくなってきたかんじです。

でも一瞬の脚が良いタイプでしたっけ…
そんな追い出してピュッと伸びる印象も無いんですけどね~。

東京10R 春光S ダ2100m
ジャッカスバーク (戸崎騎手)
5番人気9着

「しっかりと走ることができれば昇級のここでもと思っていたのですが、今日はダラダラと走ってしまい、力を発揮できませんでした。以前に跨がった時と比較すると、息遣いが重めでしたから、そのあたりも影響して気持ちが乗り切れなかったのかもしれません。今日はいい走りをお見せできず申し訳ありませんでした」(戸崎騎手)

「イメージとしては戸崎ジョッキーが乗って3着に来た時のような形で力を出せればと思っていました。週中の雨がありましたし、馬場がもう少し湿っていてジャッカスにとって走りやすいコンディションになってくれたらと願っていたのですが、昨日今日の天気の良さで乾いてしまいましたね…。あとはチークピーシズですが、メリハリをつけるためにパドックでは着けませんでしたが、本馬場入場までの地下馬道で着けてそこでスイッチを入れて集中力を高められればと考えて対応しました。レースは、縦長になり気を抜きづらい展開になって却って疲れてしまったのかもしれません。また、前へ行っていた馬たちより後ろから進めた馬たちの多くが上位を占めていたので、流れも向かなかったのでしょう。体が絞れていればベターだったかもしれませんが、見た目は決して悪くなかったですし、コンディションがどうこうというよりも、思うように噛み合いきれずこの馬の力を発揮しやすいシチュエーションにならなかったのが堪えたのかなという印象を受けたレースでした。ここを使ったことでより本気のスイッチが入るかもしれませんし、レース後のダメージがなければもう一回行くことを考えたいです」(古賀慎師)

イマイチの競馬でした。
道中馬群の中でもコーナーで上手く外に出せればと思っていたんですけど、勝負所で全然進んでいませんでしたし、直線も良い所なしでした。

どちらかというと上がりの速いレースで好走してきているので、スローペースの方が良いのかもしれませんね。
使ってからの方が良い印象ですし、ガラリ一変を期待したいです。

京都12R 4歳上1000万下 ダ1800m
ルヴァンカー (藤岡佑騎手)
8番人気16着

「今日は先行したい馬が揃っていたので、ハナを主張するととんでもないハイペースになると思い、控えて進めました。前が飛ばして離れた好位ですし、砂を被っても問題なかったので理想的にも思えたのですが、内外から来られたとたんに萎縮して気負ってしまい、まったく手応えがなくなってしまったんです。急にペースが上がらないような流れなら来られても我慢できるかもしれませんが、できるだけ先手を奪う形にこだわった方がいいように思います」(藤岡佑騎手)

「揉まれ弱いところがあるのは分かってはいましたが、まさかここまでパッタリと止めてしまうとは思いませんでした。京都コースはペースが上がるポイントが早めに来るので、この馬には苦しい条件なのかもしれません。すんなり前に行ければしぶといのは前走でも分かっていますし、いい条件で走れるようにいろいろと考えていきたいと思います」(小崎師)

外に松若君がいたのは嫌だったんですけど、無理やり行かれてしまいましたね…
揉まれ弱いのは以前のレースで分かったいたので、この結果も仕方ないという印象です。

今後は無理にでも行った方が良さそうですね。
自分の形なら十分やれるはずですから、次に期待します。

5/1(日)
新潟2R 3歳未勝利 ダ1200m
パラヴィオン (藤田騎手)
10番人気11着

「大外枠を生かしてなるべく砂を被らない位置で競馬しようと思っていたのですが、少し砂を被ってしまったらヒルんでしまって…。センスは感じますが、非力なタイプでこの雨を含んだ馬場も走りづらそうでした。それでも最後は頑張って伸びてくれていましたよ。スタートの芝の部分ではスピードに乗れそうな感じだっただけに、芝向きなのかもしれません」(藤田菜七子騎手)

「デビュー戦以来の芝のレースにもう一度挑戦したい気持ちもあるのですが、出走間隔を空ける必要がありますし、変わり身が見込めるかどうかの確証もない現状で、出資会員の皆様にこれ以上負担を掛けては申し訳ありませんので、クラブ側とも協議してこのタイミングで引退することになりました。転厩という形でせっかく期待して預けていただいたのに、結果を出せずに申し訳ありませんでした」(加藤和宏調教師)

レースでは凄い勢いで前との差が開いていったので、さすがに抑えすぎでしょうと思ったんですけど砂を被ったからという事で。
それでも終いは頑張っていたと思うんですけど、現状の成績から引退という事になりました。

デビュー戦のパドック映像を見た時にこれは走ると思ったんですけど、まさかこんな競走生活になるとは全く思っていませんでした。
今後はオークションを経て地方競馬で走るそうなので、輸送等もないですし少しは落ち着いてレースに挑めるんじゃないかなと思います。

まだ応援はしていきますが、とりあえずお疲れ様でした。
スポンサーサイト

テーマ : 一口馬主 ジャンル : ギャンブル

22:45  |  レース後とか色々  |  Top↑
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。