2017年05月 / 04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  Top↑

2016.05.22 (Sun)

今週も3歳馬が2勝目も…

土曜日は事故があって以来、なかなか足が向かなかった京都へ。
完全に夏かと思えるほどで来年から5月もクールビズにしてくれと思いつつも、クリソライト仲間さん達との交流もありやっぱり競馬場は楽しかったです。
ありがとうございました^^

レースの方もヴァンドールが2勝目をあげて福島の重賞に向かえそうですし、特別戦等で堅実に走ってくれて楽しめました。
ただクリソライトは重賞3着といえど、次へ向けてという意味ではかなり不安…
まあ贅沢言うなと言われそうですが(笑)

5/21(土)
東京6R 3歳500万下 ダ1600m
ララパルーザ (菊沢騎手)
13番人気12着

「揉まれず砂を被らない位置で運ぶように指示されていたため、テンからある押してポジションを取りに行きました。今日は4角での不利が全てですが、結果的に3コーナーへ向かうペースの上がった際にもっと積極的に動かすべきだったと反省しています。申し訳ありません」(菊沢一樹騎手)

距離延長でペースが緩んだ事と前と離れたことでいつになくスムーズな競馬が出来ていたと思います。
確かにコメント通りもう一歩早めに被されないように行ってもらいたかったですが、それでもあの感じなら前走の38秒くらいの上がりは使えたでしょうし、あの不利が痛かったです。

ちょっと大げさに反応しすぎな気もしてブーブー言いたくもなりますが、騎手は一瞬の判断で大けがに繋がるので仕方ないんですかね。
とりあえずは大きなケガはしていないようなので、週明けの更新で何事も無ければいいなと思います。

条件を変えて着ぐらいは拾えるかもと思っていただけに、怒りのぶつけどころもなくただただ残念な競馬でした。

京都8R 4歳上500万下 芝1400m
ビットレート (川田騎手)
2番人気3着
ビットレート20160521

「返し馬の時から頭を上下させたりしてかなり気の悪いところを出していましたし、以前はハミを噛みながら行くぐらいだったのが、今日は自分から抜こう抜こうとしてなかなか進もうとしないんです。道中はずっと気合いを入れて促しながらの追走になったのですが、最後の直線で前が空いてスペースができても、そこに入っていこうとしなくて…。それでも3着まで来ているように力はありますから、気性的な部分が改善されればもっとやれるはずです」(川田騎手)

「週中にもお伝えしていましたが、正直まだ本来の出来にはひと息で、ジワジワ良くなってきているところという感じもしていましたので、そのあたりがレース内容にも出たように思います。申し訳ありません。それでもここまで来るのですからこのクラスでは力が上ですし、これでまた状態も上がってきてくれると思います」(中内田師)

降級前に勝っておきたかった所ですが、じりじりとしか伸びず3着。
確かに勝った時のような行きっぷりは見られず、直線でも弾ける感じは一切なかったですね。

自己ベストくらいでは走っていますし、もしかしたら時計が速過ぎるのもあるかもしれませんね。
となると夏の小倉は時計が速かったりしますし、叩いて次の阪神で結果を残したい所ですが…

京都9R メルボルントロフィー 芝2200m
ロードヴァンドール (四位騎手)
2番人気1着
ロードヴァンドール20160521
ロードヴァンドール20160521-2

「前走時はトモに緩さが残っていました。でも、そのあたりが随分と解消。馬体も増えていたように、コンディションが上向いていたのが最大の勝因でしょう。ただ、距離はギリギリな感じ。もう少し短い方がベターかも知れませんね」(四位騎手)

「この1、2週ぐらいでグンと良化。十分な間隔を取って正解でしたね。1ハロン延長に対応できたものの、そこは下級条件だからこそ。本質的には1800mぐらいが合うでしょう。そんな意味でも福島のラジオNIKKEI賞(GⅢ)は面白いはず。そのあたりを候補に以後のプランを検討したいと思います」(昆調教師)

京都外回りが心配でしたが、一緒に観戦していた方々がそれほど切れる馬がいないし大丈夫じゃないと言っていた言葉通りのレースとなりました。
スパッと来られなければ後続に迫られた所でまた伸びてくれますし、不安をよそに頑張ってくれました。

昆先生が負けたら仕方ないくらいに仕上げたといわれていた通りで、徐々に良くなってきていますしその手腕はさすがです。
というか微妙に長いと思いつつも下級条件だからと使ってたんですね(笑)
四位騎手もスムーズな競馬で最後ギリギリのタイミングで内を閉めた所も勝ちに繋がったのかもしれません。
ありがとうございました!

これで福島の重賞が使えますし、小回りの1800mならベストだと思うので楽しみにしています。

東京9R カーネーションC 芝1800m
レッドアルカナ (蛯名騎手)
4番人気7着

「新馬と同じで見た通り芝だと切れる脚は使えないですね。あまり急かせて競馬すると気性がおかしくなりそうなので、あくまで馬のリズムを重視して乗りました。手応えがないわけではないのですが、今日は上がりも速かったですし、伸び負けしてしまいますね。現状はやはりダートのほうがいいと思います。脚もとのこともありますし、ダートならやれるので、もう少し馬がしっかりしてから芝を使ったほうが良さそうですよ。東京ならダート1600か1400でも対応できると思うので、そのあたりでの走りを見てみたいですね。まだまだこれからの馬ですよ」(蛯名騎手)

「スムーズにいってこれだと今はダートのほうがいい感じですね、脚もとに問題なければ東京のダートも含め次を考えていきます」(国枝師)

切れないディープだけにスタートで後手を踏んだ時点で覚悟した通りの競馬でした。
内で溜めて進路も開いていましたし、これで切れ負けするようでは現状東京は向いていないのでしょう。

もしかすると中山、福島あたりなら対応できるのかもしれませんが、いずれはという事ですししばらくはダートで頑張ってもらいたいです。

新潟11R 大日岳特別 芝1200m
アペルトゥーラ (吉田隼騎手)
2番人気3着

「前走同様に、大外枠でも発走委員から先入れを命じられました。今日はゲートの中で潜ろうとしたり煩かったのですが、タイミングよく上手に出てくれました。勝ち馬を見ながら運べましたし、このクラスの1200m戦だとペースも合うので競馬がしやすく崩れず走ってくれます。ただ、勝負どころでスッと離されましたし、勝ち馬は強かったですね」(吉田隼人騎手)

先入れされてちょっと煩い所を見せていたので心配しましたが、上手く出してくれました。
ラップだけ見ると切れ負けした印象で、あのスタートならもっと積極的に行っても良かったかもしれませんね。

それでも1000万特別で3着なら上々ですし、このままこのコンビで頑張ってもらいたいです。
使い込むと良くないので、次はどうするんでしょうね。

京都11R 平安S(GⅢ) ダ1900m
クリソライト (川田騎手)
4番人気3着
クリソライト20160521
ヒゲさん、ちょっと怖い(笑)

「前走の内容もありましたし、スタートからこの馬のリズムで走らせることを心がけました。急かさなかったことで折り合いもついて、揉まれない外目をスムーズに運べましたし、終いもジリジリながらしっかり脚を使ってくれました。1、2着馬は強かったですが、控えてこれだけのレースができたのは収穫だと思います」(川田騎手)

「前走を見ても、先行馬も揃う中央の重賞でスタートから押っつけて深追いするのは得策ではありませんし、とにかく揉まれず、スムーズに進められたのは良かったと思います。本音を言えば2着は欲しかったところですが、今日のところは勝ち馬が強かったということもありますし、今日のような競馬ができればどんな形でも力を発揮できそうですから、次も楽しみです」(音無師)

さて、問題のレース。
前哨戦ですし控えるというなら控えても良いと思っていましたし、それでは勝てないと川田騎手が気付いてくれるなら次に繋がるという意味では日テレ杯で交わされた事で本番ビビって控えた過程よりは良いのかとレース後は思いましたが、川田騎手と先生のコメントが出て、それが本音であるならガッカリしました。
力を発揮できたと言っている以上、どうせこれくらいの馬でしょ?と言われているように感じて、次が楽しみどころかJBCのように乗るんだろうなと不安になりました。

中央はテンが速いですから押さずに外に出していく乗り方を選んだまでは上手い!と思いましたが、好位に控えたままレースが動き出すのを待っていたら、他馬よりも速い脚が使える子でも無いんですから外を周っては無理でしょう。
好位に付けて不利も無くスムーズだったから良かったとか言われても、次もその競馬で勝負になると思ったんですか?と言いたくなってしまいます。

昨日のような消極的な競馬を次もするなら、勝負どころで前がペースを上げた所で押しっぱなしになり、前は捉えられず、後続にも差されるでしょうね。
豊さんの去年の乗り方なら負けても納得。力を出し切ったんだからしょうがない。という気持ちで帰れましたが、今年はどうなりますやら…

豊さんが無理なら、時々積極的過ぎてぶっ飛ばし過ぎる(褒め言葉)風馬君の方が納得できそうな気がします。
次も川田騎手なら折り合って不利もなくきれいに乗ってきたとかどうでもいいので、前半出していって掛かり気味でも抑えず、途中も落とさず12秒ちょっとくらいのラップを淡々と刻んでくれるよう期待します。

5/22(日)
東京12R 丹沢S ダ2100m
ジャッカスバーク (三浦騎手)
10番人気8着

「道中は多少なら砂を被っても気にしていませんでしたし、悪くないリズムで追走することができたので、勝ち負けを意識したくらいでした。それが3コーナー過ぎからキックバックを急に嫌がり始めて、そこから走りがガラリと変わってしまったんです。早めに外に出すことも考えてはいたのですが、横に広がっている箇所があって余計に外を回ることになりそうでしたので、そこを無理に狙っていくことはできませんでした。それでも結果を考えるともっと上手く乗れなかったのかと悔しい気持ちですし、申し訳ありませんでした」(三浦騎手)

「競馬場に着いてからの雰囲気、パドックの様子はいつになく良く感じていました。また、競馬に行っても途中まではいいリズムでしたが、3コーナーで大量に砂を被ったタイミングから気持ちが乗り切らず、その後にできるだけ影響がないような位置に付けても、闘志は戻りませんでした。できることならスムーズに外を上がって行ければ違うのでしょうが、もちろん枠もありますし、それこそこのクラスでのメンバー相手に大きく外を回っては楽ではないので、隊列次第で余計に難しさも出て来てしまいますね。それでも結果を出せないのはいい訳できないですし、本当に申し訳ありません。この後はレース後の状態を確認してからになりますが、夏は番組が極端になりますから、視野を広く持っていろいろ検討していきたいです」(古賀慎師)

確かに12番の馬が上がっていきもせずずっと外にいて邪魔ではありましたね。
直線で前に馬がいると伸びませんし、馬群の間を割れるほどシュッと伸びないのでこの結果にも納得です。

かみ合わないと脆い馬ではありますから、今後もスムーズにいくかどうかでしょう。
準オープンでも通用すると信じて応援していきます。
スポンサーサイト

テーマ : 一口馬主 ジャンル : ギャンブル

21:48  |  レース後とか色々  |  Top↑
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。