2017年05月 / 04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  Top↑

2016.09.14 (Wed)

グリーンからたくさんの仲間入り

キャロットの当落結果が今週末発表ですが、本日抽選対象馬が発表になりました。
現時点の状況はこんな感じに。

最優先
◎14. クルソラの15

一般
△11. カニョットの15
△19. ロフティーエイムの15
△27. ヴィアンローズの15
○35. カドリーユの15
○38. カサパサーの15
△47. ブルーメンブラットの15
△62. フォルテピアノの15
○71. フェリスタスの15
△73. マチカネチコウヨレの15
×74. ラフィントレイルの15
△75. ティフィンの15
×78. シシリアンブリーズの15


とりあえず1番ほしかったクルソラ15が取れて嬉しいです!
脚元さえ保てば大きな舞台で戦えると信じています。

あとは一般でも3頭確定と現時点では上々な感じです。
馬券でお世話になって大好きなシニスターミニスターの子がここで取れたのは大きいです。
既に落選が決まった子たちの票の伸びを見ると最優先が倍ぐらいに伸びてるみたいですし一般の抽選が厳しそうな子もいますが、何とか1頭でも多く取れてもらいたいと思います。
相性最高の音無厩舎が取れなかったのが残念ではありますが、さすがにヨハネスブルグに最優先は使えません(笑)

というわけでそのキャロット確定前にいい加減グリーンの一次募集結果に触れておかないとという事で2014年産最後の出資に合わせての紹介です。
まずは2014年産から様子見していた最後の1頭に本日出資しました。

スウィートグロリア
父:キングヘイロー
母:タペストリー
母父:フサイチペガサス
1405_005.jpg

当初はロージズインメイ産駒の予定でしたが、改めて見直したら良い子がいたので春にこちらにチェンジしました。
待望のキングヘイロー産駒に出資できました。

募集時は1勝馬だった兄サージェントバッジが現在準オープンで降級前には重賞でも好走していたり、もう1頭の兄も既に2勝していたりと案外良さそうなお母さんで1200万というのは今となってはお買い得だと思います。
募集時は小さめでそれほど気になりませんでしたが良い成長を遂げていますし、坂路でもしっかり走れていただけに楽しみです。

良い厩舎です!と自信を持って言えるほどではありませんが、中山が向いていそうに思えるだけに関東が良いですしね。
ちょっと球節に不安が出たりしたので、去年の春のウォリアーズのように無理使いしないようにと主戦があの方じゃないと良いなと思います。

ここから2015年産になりますが、今年は6頭行きました。
カナロアしかいなかった東サラとは異なり、バラエティ豊富ないつもの感じになりました。

これまでだと血統→測尺→馬体、厩舎、動きでたいてい様子見しよかなって馬が1,2頭になったんですけど、今年は一次から行こうと思える馬が多く見ていて楽しかったです。
血統と馬を見た印象では値段自体は相変わらず割安に感じましたし、来年もこんな感じならキャロットは別格としてもノルマンディー、グリーンが2番手で並ぶ感じになりそうです。

エルメスグリーン14
父:ノヴェリスト
母父:アグネスタキオン
1501_000.jpg

産駒というよりは母系に入って良さそうな気がするノヴェリストですが、見栄えのする子でついつい手を出してしまいました。
母父タキオンも切れが受け継がれずスピード&パワーな印象でサムソンやクロフネと相性が良いみたいですから、ノヴェリストと合う可能性もあるのかなと思って出資です。
まあ全くスピードが無かったらローカルの2600とかで頑張ってもらいます(笑)

血統は今年の皐月賞馬が出ている母系ですし、もしノヴェリストが当たり種牡馬の場合は一発あるかもしれません。

アースリヴィング14
父:ハーツクライ
母父:Yonaguska
1502_000.jpg

グリーン所属でドバイにも遠征したアースリヴィングの初仔です。
2011年に引退して2014年の時の仔なので、受胎し辛かったりするんですかね。

母系にブラッシンググルームとか成長力ありそうな血が入っている子が好きなのと、DVDの動きが気に入ったことで出資に。
お母さんはダート馬でしたが、この子は芝での活躍を期待します。

アースグリーン14
父:ディープブリランテ
母父:Street Cry
1503_000.jpg

マンカフェ産駒の兄が皐月賞にも出走していましたが、ディープブリランテに替わって兄の募集時と比べると胴が詰まって見えます。
母父がどうかと思って兄は行けませんでしたが、サンデーと相性の良いマキャヴェリアンが父なだけにこの母父もサンデー系と相性が良いのかもしれませんね。

ムチムチ好みの私としては即決でした。
兄よりは短めの距離だと思いますが、スピードとパワーは兄よりありそうなので条件的にも向くと思います。

ソロリサイタル14
父:キンシャサノキセキ
母父:Rahy
1505_000.jpg

母高齢になりますが、お母さんの血統がRahy×Topsider×Buckpasserって事で成長力ありそうな馬ばかりでかなり好みです。
繁殖成績も7頭の子供が全頭勝ち上がり、1頭以外は2勝以上と素晴らしいお母さんですね。

母高齢でも空胎明けは気にしない&牝馬は血統重視といった方針ですし、キンシャサは好きな馬なので即決でした。
おそらく芝の短めの距離だと思いますが、お値段以上に楽しませてもらいたいです。

シークレットジプシー14
父:ゴールドアリュール
母父:Sea of Secrets
1514_000.jpg

東サラのアルカナ、オリアナに続いて3世代連続での出資になります。

もう少しムチッとしていたらなお良しでしたが、測尺は十分ですから問題なしです。
アルカナがディープ牝馬でもダートでしたから、ゴールドアリュール牡馬ならそりゃダートでしょう(笑)

3世代連続で行っているようにお母さんの血統は好きですし、ここで一発あってもおかしくないと思っています。
相性の良いゴールドアリュール産駒で楽しみにしています。

マドモアゼルドパリ14
父:クロフネ
母父:サンデーサイレンス
1515_000.jpg

秋華賞3着の姉がいるんですが、それでも1800万募集とそれほど吹っ掛けられなかったので行く事に。

お姉さんの募集時も血統時点では残ってたんですが、動きがそれほど良く見えなかったので切っちゃったんですよね。
この子もそんなに好みじゃなかったんですが、父がキンカメからクロフネに替わりはしたものの同じような印象を受けたので、じゃあ大丈夫なんじゃないのという事で(笑)

とりあえず馬体減りで苦労しそうな感じも無いですし、お姉さんぐらいとか贅沢は言いませんので活躍してもらいたいです。
スポンサーサイト
23:17  |  グリーンファーム  |  Top↑
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。