2017年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  Top↑

2013.11.20 (Wed)

何とか無事に合格

ハイアーレート
「先週は申し訳ありませんでした。気持ち的には負けるつもりはまったくなかったし、本当に悔しい。ちょっと前走、前々走と流れに合わずチグハグな形で消化不良となってしまいました。しかし、若さが目立つ馬で型が決まっていないし、なかなか難しい馬なので致し方ないところもあるのは否めません。今は未完成な馬でありますし、今感じている悔しさを先々で嬉しさに変えていけるようにしたいと思っています。そのためにも焦らずに長い目で見なければいけませんね。レース後はというとまずまず。大きな変わりはないかなという印象です。状態を見てまた乗っていきますが、次走については今決めつけないでもう少し様子を見て考えましょう。根本的には長い距離がいいと思っていますが、その点も含めてもう一回検討していきます。まぁ、無理はするつもりはないけれど暮れの中山では考えることになるでしょう」(大久保洋師)

期待しているのは私も調教師も同じようですが、思い描くハイアー像にかなりの差があるみたいですね(笑)
暮れの中山だとひいらぎ賞かホープフルSあたりでしょうし、次は良い結果を期待したいと思います。

ハープスター
「今朝はCWコースで併せて追い切りました。先週あたりはまだ走っていてもマイペースでボケッとしている感じでしたが、今朝は併せたこともあってかだいぶキビキビ走れていましたね。追ってからの伸びはまだモタモタしていましたが、4コーナーの反応なんかはいい頃とそん色ないぐらいになってきましたよ。馬体にはまだ余裕がありますが、ここまでは順調に調整できていますし、あと2週しっかりと乗り込んでいい状態に仕上げていきたいですね」(松田博師)

ラスト12秒0らしいので、いよいよレースに向けてピッチが上がってきたみたいです。
過去2走は川田騎手が最後の仕上げをしていましたし、来週、再来週と気合を注入してもらえれば万全の状態でレースに向かうことができそうです。

グレナディアーズ
「あまり悪いところを見せる前にゲートをパスしておきたいという思惑もあって、今朝試験を受けました。隣に馬がいなければ大丈夫ということも分かっていましたから、そういう状況で受けるようにしましたが、なんとか合格をもらえましたよ。ただ、レースまでにはもうちょっと練習しておかなくてはいけないですね。今のところは疲れも見せず順調ですから、このままデビューに向けて進めていくつもりです。阪神の3週目にマイルの番組があるので、そこを目標にして週末から徐々にペースを上げていきます。こういう癖のある馬なので、鞍上は普段から調教に乗っている北村友一に決めて、追い切りも積極的に乗せていこうと思います」(音無師)

レースの時にどうなるの?という不安はありますが、まずは無事に合格してくれて一安心です。
切れはあまりないタイプと思うだけに阪神外回りがどうなのかなあと思いますが、気性を考えると初戦は広いコースで伸び伸び走れた方が良さそうですね。
気性の問題がひどくなる事無くデビュー戦を迎えてもらいたいと思います。

ウォルフラム
「先週の競馬は、もうワンパンチ足りないなと思うようなレースでしたが、それでも徐々に力をつけてきているのは分かりますし、馬自身もしっかりしてきました。レース後は特にダメージもありませんが、ここまで短期放牧を挟みながらレースを使うというパターンで来ていますので、ここでもひと息入れて、放牧先で問題ないようなら年内もう一度使いたいと考えています」(高野師)

予定通り放牧に出されるようです。
たいていすぐに戻ってきますし、年内もう1走で先週上手く行かなかった鬱憤を晴らしてもらいたいと思います。

アカネイロ
「今朝はCWコースで併せて追い切りました。先週までの調教で結構動けることは分かりましたし、今朝は馬なり程度でしたが、相手を追走して最後は先着と、非常に楽な手応えのままいい動きを見せてくれました。時計も、5ハロンから65秒台、ラストの12秒2と文句ありませんね。当初は京都のマイル戦と考えていましたが、東京にも同じ条件がありますので、どちらを使うかは想定を見てどんな馬が使ってくるのかよくチェックしてから決めることにします。変な癖もありませんし、不安のない状態でレースに臨めそうですよ」(清水久師)

CWでの最終追い切りでしたが、調教師が文句ありませんというくらい万全の態勢みたいです。
気性面に不安を抱える兄もいますし、まずはレースでも変な癖を見せることなく無事に初戦を終えてほしいと思っています。

ルヴァンカー
「先週はうまく前々でレースを運べて、ワンペースな脚を活かせた競馬だったと思います。あのようなレースをしながら、さらにあとひと脚使えるようにしていきたいですね。ちょっと左トモの繋ぎ部分に軽い外傷を負って戻ってきたので、あと2、3日様子を見て、その後の状態次第でこのまま調整していくか一度放牧に出すか考えます」(小崎師)

前走は馬場、騎手の乗り方がバッチリだったのが要因だと思いますが、初戦よりしっかり走れて良いレースだったと思います。
出来ることなら良い流れのうちに中京か阪神の2000を使ってほしいなあと思いますが、無理をする時期でもないので、馬にあわせて使ってもらえたらと思います。
スポンサーサイト

テーマ : 一口馬主 ジャンル : ギャンブル

21:44  |  キャロットクラブ  |  コメント(0)  |  Top↑

*Comment

コメントを投稿する

URL
コメント(必須)
パスワード  編集・削除するのに必要
秘密  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。